この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「生体認証 掲載日:2006/03/27

バイオメトリクス認証ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
本人固有の生体情報の有効性と課題
2
方式別に見るバイオメトリクス認証の特徴
3
バイオメトリクス認証最新動向
1
運用を考慮しよう!製品選びのポイント
2
バイオメトリクス認証ツール製品カタログ
1
バイオメトリクス認証ツールシェア表
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 バイオメトリクス認証の市場規模は未だそれほど大きなものにはなっていないものの、個人情報保護法や日本版SOX法に向けたベンダーのアプローチは積極的で、ユーザーからの問合せも増えている状況だ。中でも、技術的にも成熟しつつある指紋認証は他のどの生体認証と比べても群を抜いている。そこで今回は、バイオメトリクス認証ツールの中でも、特に出荷量の多い指紋認証ツールのシェア表をお届けしよう。 バイオメトリクス認証ツール

1 

バイオメトリクス認証ツールシェア表


 個人固有の特徴に基づいて認証されるバイオメトリクス認証製品は、企業におけるセキュリティ対策意識の高まりと共に、市場を拡大してきた。
 本項の対象からは外れるものの、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)が手のひら静脈認証と連携したATMカードの採用・発行を開始したことが、利用者の抵抗感や不安感を払拭するだけの利便性、簡便性、安全性の訴求につながり、一層の市場成長を促す大きな要因となったといえよう。
 2004年以降は指紋認証方式を中心に低価格化が進んできたことから、全社的な導入など大規模な導入事例が増加してきている。
 複雑化するパスワードやICカード発行などの工数を簡便化できる利便性をメリットとして導入に踏み切る企業が見られる一方で、強固なセキュリティ環境を目指してバイオメトリクス認証とICカードなどを組み合わせて利用する二要素認証ニーズも高まっている。
 今後の方向性としては、ネットワークやPCログイン用途に加えて、入退出用途との連携の強化によって、フィジカルセキュリティとネットワークセキュリティの融合を図るセキュリティツールとしての利用が進むものと見られる。
 既に企業ユーザーは2005年以降、情報漏洩対策の実践フェーズに入ってきていることから、関連ソリューションとの連携を含め、今後も当該製品へのニーズは高まっていくと考えられる。
 なお、本項では入退出などのフィジカルセキュリティに利用されている製品は対象外とし、サーバ/PC、ネットワークなどのログイン認証に利用される情報セキュリティ対策製品としてバイオメトリクス認証製品を捉えている。またPCなどに組み込まれている製品に関しては対象外としている。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

生体認証/究極の個人情報「生体認証」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生体認証」関連情報をランダムに表示しています。

生体認証」関連の製品

ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】 指ハイブリッド認証 【NEC】
その他ネットワークセキュリティ関連 勤怠管理システム 認証
二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。

生体認証」関連の特集


 近年、金融機関のATM(現金自動支払機)における静脈認証導入の流れが顕著となっており、生体認証が注…



利便性を犠牲せずにセキュリティを担保するために何ができる?社外から業務アプリを安全に利用するための”…



 今回は、オンラインで提供する個人情報に対する意識と管理策について、第1回と同様にeID報告書の結果…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

生体認証/究極の個人情報「生体認証」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「生体認証/究極の個人情報「生体認証」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001664


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ