この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「レプリケーションツール 掲載日:2006/03/20

レプリケーションツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
レプリケーション入門
2
レプリケーションツールの注目機能
1
レプリケーションツールの選び方
2
製品カタログ
1
レプリケーションツールの市場動向
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 IDC Japan株式会社では、IT市場における世界規模の第三者調査機関として、市場規模、ベンダーシエア、競合分析、ユーザー動向、テクノロジートレンド、市場予測などを調査レポートとして定期的に提供している。今回はこうした幅広い調査レポートの中から、レプリケーションツール市場に焦点を絞って、いくつか参考になる情報をお聞きした。 レプリケーションツール

1 

レプリケーションツールの市場動向



1-1

ストレージソフトウエア市場全体の中で20%を越える!


 IDC Japanでは、国内ストレージソフトウエア市場の2005年上半期の売上実績と2009年までの予測を発表しているが(図1)、これによると、国内ストレージソフトウエアの売上は2003年で495億円、2004年で555億円、2005年には上半期で317億円となり、いずれも前年比で10%を越える売上増を示している。また、国内ストレージソフトウエア市場の2005年から2009年までの年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)については11.5%と予測している。


図1 国内ストレージソフトウエア市場 売上実績および予測、2003年〜2009年
図1 国内ストレージソフトウエア市場 売上実績および予測、2003年〜2009年
(資料提供:IDC Japan)

 このように順調に推移しているストレージソフトウエア市場の中で、レプリケーションツールはどの程度の市場規模を確保しているかといえば、2003年は114億円で23.0%、2004年は126億円で22.7%、そして2005年も上半期の数字を単純に2倍すると138億円で21.8%となり、いずれも20%を越える市場占有率を占めていることが明らかになった。


図2 ストレージソフトウエア市場に占めるレプリケーションツール市場の割合
図2 ストレージソフトウエア市場に占めるレプリケーションツール市場の割合
(資料提供:IDC Japan)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

レプリケーションツール/初めてのレプリケーション。」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「レプリケーションツール」関連情報をランダムに表示しています。

レプリケーションツール」関連の特集


バックアップの効率化は、システム管理者にとって大きな課題。システム環境の把握や要件を明確化、保存方針…



災害対策などの目的で、レプリケーションは注目されつつあります。しかし、バックアップなど似たツールと混…



バックアップの手間ヒマを劇的にカット!最新技術で快適バックアップを始めるためのノウハウを網羅。現状分…


「その他バックアップ関連」関連の特集


企業データのバックアップは、日常業務におけるデータ保全という点でも必須だが、昨年の震災以降、災害への…



東京都が実施したアンケート調査によると、都内の中小製造業でBCPを作成していた企業は、作成中を含めて…



レプリケーションツールは、特にディザスタリカバリに有効です。データ復旧の仕組みについて簡単にご紹介し…


「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

レプリケーションツール/初めてのレプリケーション。」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「レプリケーションツール/初めてのレプリケーション。」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001663


IT・IT製品TOP > バックアップ > その他バックアップ関連 > その他バックアップ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ