この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「レプリケーションツール 掲載日:2006/03/20

レプリケーションツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
レプリケーション入門
2
レプリケーションツールの注目機能
1
レプリケーションツールの選び方
2
製品カタログ
1
レプリケーションツールの市場動向
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 レプリケーションツールの選択に入る前に、レプリケーションで何を実現したいのか明確にしておこう。例えば、データベースのレプリケーションを実行したい場合、データベースサーバーのリプレースなのか、コンソリデーションや災害対策が目的なのか、新しく参照系データベースを構築したいのかによって、最適なツール選びは変わってくる。また、どのくらいの頻度でレプリケーションを実行しなければならないのかも確認しよう。1日1回で十分なのか、それともリアルタイム性が重要なのか、その業務によってかなり差があるはずだ。 レプリケーションツール

1 

レプリケーションツールの選び方



1-1

何をレプリケーションするかをチェック!


 最初に、レプリケーション対象となるデータを明らかにする必要がある。基礎講座でも触れたように、一口にレプリケーションツールといっても、ストレージ上のすべてのデータをレプリケーションする製品と、データベースのデータだけをレプリケーションする製品が存在するからだ。
 例えば、シマンテックの「VERITAS Volume Replicator」は、任意のストレージが接続された複数のサーバー間で、すべてのデータをレプリケーションすることができる。さらにボリュームベースでレプリケーションを行うため、データベースの種類を限定しない。また、EMCジャパンの「Replication Manager」の場合、対応できるストレージは同社のSymmetrix/CLARiXとHPの StorageWorksになるが、Windows向けアプリケーションを中心としたレプリケーション管理では特に威力を発揮する。一方、GoldenGate Software社(ハイ・アベイラビリティ・システムズ)の「GoldenGate」やデジタルデザインの「FC Replicator」はデータベースのデータだけを対象にしたレプリケーションツールである。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

レプリケーションツール/初めてのレプリケーション。」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「レプリケーションツール」関連情報をランダムに表示しています。

レプリケーションツール」関連の特集


以前にも増して真剣に考えなければならない災害対策。データ転送高速化の秘策も含めた災害対策“3つの処方…



情報爆発時代を迎え企業システムのデータ量は増すばかり…。バックアップ時間を最大1/10に短縮したり、…



レプリケーションツールは、特にディザスタリカバリに有効です。データ復旧の仕組みについて簡単にご紹介し…


「その他バックアップ関連」関連の特集


企業データのバックアップは、日常業務におけるデータ保全という点でも必須だが、昨年の震災以降、災害への…



阪神淡路大震災などを契機にDR対策は、事業継続の観点が付加されて来た。今回は、DR対策の検討に最低限…



東京都が実施したアンケート調査によると、都内の中小製造業でBCPを作成していた企業は、作成中を含めて…


「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

レプリケーションツール/初めてのレプリケーション。」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「レプリケーションツール/初めてのレプリケーション。」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001662


IT・IT製品TOP > バックアップ > その他バックアップ関連 > その他バックアップ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ