ゲキ売れ5「ネットワークストレージの巻」12月号

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日:2005/12/21
ゲキ売れ5 ゲキ売れ5
  量販店売れ筋レポート12月号
 [ネットワークストレージの巻]
ゲキ売れ5 ゲキ売れ5
ヨドバシ・ドット・コムへ
ゲキ売れ5
 ヨドバシ・ドット・コムの協力のもと、IT製品の最新トレンドを踏まえ、量販店での売れ筋商品を徹底分析するウェブマガジン「最新ITゲキ売れ5」。12月号は、ネットワークストレージ特集である。昨年末から急速に伸びてきたこれらの製品には、ジャーナリングファイルシステム(注1)はもちろん、RAID機能まで提供してしまう製品もあり、従来の高価な業務用NASやファイルサーバを代替してしまうほどの実力を持っている。実際、SOHOや小規模オフィス、企業の部門単位のファイルサーバーとしてなら、十分検討できる機能・性能を備えていそうだ。冗長化による耐障害性能まで提供するネットワークストレージを、量販店で購入できる時代がついにやってきたと言えるのではないだろうか。
※表示価格は2005年12月16日時点のものであり、変更の可能性があります。最新価格は、ヨドバシ・ドット・コムでご確認下さい。
(注1)ジャーナリングファイルシステム
    ファイル更新履歴を操作ごとにジャーナルという管理データのカタチで更新・保持するファイルシステム。
    これにより、ネットワーク障害などの発生時にもファイルシステムの整合性を迅速に復旧することが可能。
    Windows2000以降のNTFSやIRIXのXFS、Linuxのext3などで採用されている。
売れ筋トレンドを読む  ゲキ売れ5
11月17日〜12月16日の期間中、ヨドバシカメラ全店およびヨドバシ・ドット・コムで最も売れた「ビジネス用途に適したネットワークストレージ」上位5製品はこれだ!(情報提供:ヨドバシカメラ)
※オフィスでは不要な「DLNAガイドライン対応機能」を搭載していないネットワークストレージ限定ランキング
※表示価格は2005年12月16日時点のものであり、変更の可能性があります。
 ネットワークストレージは、コンシューマー向けであっても家庭内LANを組めるレベルのPC上級者が対象の製品。それだけに不要な機能は殆ど付いていないが、家電からLAN接続で利用するためのホームサーバー規格、DLNAガイドラインに準拠する製品は、今回対象外としてランキングを算出した。
BUFFALO アイ・オー・データの2社独占
 ネットワークストレージという比較的新しいジャンルの機器だけに、そこそこ分散したランキングになるだろうというのが取材班の事前予測だったが、その予想は完全に裏切られた。バッファローの1・2・4フィニッシュ、それをアイ・オー・データ機器が3・5ランクインで追うというカタチで、ロジテックが2.5インチHDD使用のポータブルなどニッチ製品に特徴を見せるものの、ゲキ売れの本筋は、バッファローとアイ・オー・データ機器が他に大差をつけつつ熾烈なトップ争いを繰り広げているという結果になった。
NEW モデル発売前から予約殺到
 最初に言ってしまおう、TeraStationと名づけられたこのRAID対応のネットワークストレージは、業務用NASとほぼ同等の製品である。違う点はホットスワップに対応していないことだが、「ホットスワップに対応してしまったら、それこそ大変なことになる」とはヨドバシ・ドット・コム担当者の弁。前機種「HD-H1.0TGL/R5」が「昨年末の発売時から予約殺到で、潤沢に在庫できるようになったのがやっと2月。1年間止まらない売れ行きの2005年年間ベスト製品」だというから、そこから正常進化しパワーアップしてお値段変わらずの本製品が、発売前にもかかわらず予約だけでゲキ売れ1にランクインというのも当然のなりゆきだろう。「TS-1.0TGL/R5」は、ネットワークストレージ界の横綱的製品なのだ。
売れ筋の250GBラインのトップ
 同一性能のストレージ製品であれば、容量が大きいほどGBあたりの価格は安いというのが一般的な認識。ところが、現在1Gbps製品で最もコストパフォーマンスが高いのは250GBのラインナップである。この一見矛盾して見える現象が起こるのは、1TB製品などでもメインに用いられている250GB HDDの量産効果が高いためだと推測する。GB単価の最も安い250GBのラインがゲキ売れ上位に来るのは必然だが、ここも僅差でバッファローがアイ・オーデータ機器を抑えてゲキ売れ2にランクインした。USBポート2つにプリンターサーバー機能付きで1Gbpsと機能も性能も揃っているにもかかわらず、アイ・オーデータ機器「HDL-G250U」と比べ安価であることが、250GB・1Gbpsラインの勝敗を決したと見える。
4つのUSBポートに充実の機能が魅力
 今回のゲキ売れ2、3は誤差ともいえるほどの僅差。従ってタイミング次第ではアイ・オー・データ機器「HDL-G250U」がゲキ売れ2になる可能性は十分あった。前述したとおり、ほぼ同一スペックで約5000円の価格差があるこれら2製品が僅差となるのは、アイ・オー・データ機器ならではの機能・性能がユーザーに理解され支持されているということ。背面×3、前面×1の計4つも備えるUSBポートは、ハードディスクの増設やプリンターサーバー機能だけでなく、PCから操作不要、本体ボタン操作オンリーで、接続したUSBフラッシュメモリーやデジカメなどからデータをコピーできる「自動コピー」機能まで提供する。また、アイ・オー・データ機器製品の特徴として、シャープでオフィスに馴染むルックス、高い放熱性を発揮する「エアフローフォルム」という独自機構がある。
ギガビット不要ならベストチョイス
 1Gbpsイーサを活用するためには、ケーブルからスイッチングHUB、PCのネットワークI/Fまでを1000Base-T対応のもので揃える必要がある。しかし法人、個人を問わず画像処理や動画編集を行うのでない限り、そこまでの通信速度を要求することは少ない。その場合100Mbpsのネットワークストレージは必要十分な選択となるだろう。次の検討材料はGB単価だが、100Mbpsのラインナップではバッファロー、アイ・オー・データ機器両社とも、300GBが最も安い。「ネットワークストレージの内蔵ドライブは、出荷時期などによって異なることがあります」(ヨドバシ・ドット・コム ストレージ担当)とのことなので明確な理由はわからないが、HD-HLANシリーズの場合、250GBモデルからわずか3000円プラスするだけで300GBモデルが買えてしまうのだ。このお得感が追い風となって、「HD-H300LAN」 が100Mbpsモデルの一番手となったようだ。ちなみにメーカーの定価を見ると、バッファローのHD-HLANシリーズと、アイ・オー・データ機器のHDL-Uシリーズ(100Mbps)は120〜300GBまで全く一緒。こういった点からも100Mbpsラインナップの攻防の激しさが伺える。
250GB HDDをダブルで搭載
 今回ゲキ売れ5にランクインしたのは、アイ・オー・データ機器の500GBネットワークストレージ「HDL-GW500U」。こちらも1Gbpsの製品となり、量販店で販売されるコンシューマー寄りの製品にも着実にギガビット化の波が押し寄せていることがわかる。本製品の特徴は、コストパフォーマンスの高い7200RPMの250GB HDDを2台搭載し、500GBの大容量とFTPで最大719.0Mbpsの高速アクセスを安価に実現している点にある。単一ドライブのHDL-Gシリーズの提供する自動コピーの機能が、本製品では省かれているが、これはSOHOや部門単位でのファイル共有に用いるビジネス向けファイルサーバー用途に特化した結果だろう。LANDISKシリーズにはもともと自動バックアップ機能が備わっているから、RAIDまでの耐障害性が不要であれば、大容量、高速通信のNASへのニーズに対して「HDL-GW500U」は、最も優れた費用対効果で応える製品だと言えるのではないだろうか。
 ゲキ売れ1  TS-1.0TGL/R5
 [外付ハードディスク
 TeraStation 1TB]
ゲキ売れ1
 ■メーカー:バッファロー
 ■価 格  :99,800円
         (2005年12月16日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ2  HD-HG250LAN
 [LAN対応 外付型
 ハードディスク 250GB]
ゲキ売れ2
 ■メーカー:バッファロー
 ■価 格  :32,800円
         (2005年12月16日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ3  HDL-G250U
 [Giga LANDISK LAN接続
 ハードディスク外付型
 250GB]
ゲキ売れ3
 ■メーカー:アイ・オー・データ機器
 ■価 格  :37,800円
         (2005年12月16日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ4  HD-H300LAN
 [LAN対応 300GBネット
 ワークハードディスク]
今月の掘り出しもの
 ■メーカー:バッファロー
 ■価 格  :34,800円
         (2005年12月16日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ5  HDL-GW500U
 [LAN接続 外付型
 ハードディスク 500GB]
ゲキ売れ5
 ■メーカー:アイ・オー・データ機器
 ■価 格  :54,800円
         (2005年12月16日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
他のネットワークストレージを見る
topに戻る

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ネットワークストレージ/ゲキ売れ5「ネットワークストレージの巻」12月号」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ネットワークストレージ」関連の製品

新発想のデータ活用「データレイク」を支えるストレージ条件とは 【日本アイ・ビー・エム】 Office 365(SharePoint Online)移行&活用ソリューション 【ソフトバンク コマース&サービス】 NEC Information Assessment System 【NEC】
NAS ワークフロー 文書管理
新発想のデータ活用「データレイク」を支えるストレージ条件とは SharePoint Online導入フェーズにあわせて、様々な課題を解決できるソリューション。 ファイルサーバの利用状況や不要データを可視化してトータルコストを削減。不適切なアクセス権や個人情報を検出することで、情報漏えいリスクを低減する。

ネットワークストレージ」関連の特集


サポート終了が近いWindows Server 2003。Windows Server 2012 R…



多様な形態で提供され、価格の幅が広くて選ぶのが難しいパケットキャプチャツール。最新機能と選び方のポイ…



業務や経営に役立つ大量のデータを保存していながらも、これらのデータを寝かせている企業は以外と多いよう…


ネットワークストレージ」関連のセミナー

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャによるIT基盤の進化 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 10月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

IT基盤は仮想化技術によって、革新を迎えたのは10年ほど前からです。しかしながら、それを支えるIT基盤はSAN/NASを用いた仮想化以前のそれと何1つ変わってい…

【東京開催】NetworkManager徹底攻略 【デージーネット】  

開催日 10月17日(月)〜10月18日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 12万9600円(税込み)

【東京開催】NetworkManager徹底攻略〜CentOS7/RHEL7 プロフェッショナルセミナー〜<内容>NetworkManagerは、CentOS5…

簡単・確実に動くOpenStack環境を実現する 【主催:EMCジャパン/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 10月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象者】・OpenStackをご検討の企業、興味がある企業。・ハイパーコンバージドインフラをご検討の企業、興味がある企業。【プライベートクラウドでの活用が始ま…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ネットワークストレージ/ゲキ売れ5「ネットワークストレージの巻」12月号」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ネットワークストレージ/ゲキ売れ5「ネットワークストレージの巻」12月号」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001654


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ