この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
必ず、押さえておきたい「サーバーラック 掲載日:2006/01/10

サーバラック



1:基礎講座 2:選び方講座 3:電磁波セキュリティ対策
1
サーバーラックの基礎知識
2
19インチラックの最新動
1
サーバーラックの選び方
2
製品カタログ
1
サーバーの電磁波セキュリティ対策
 
INDEX


電磁波セキュリティ対策
必ず、押さえておきたい
電磁波セキュリティ対策

 「新情報セキュリティ技術研究会」では、総務省や経済産業省などで進められている情報セキュリティ政策を踏まえた「電磁波セキュリティガイドライン」を作成し公開している。このガイドラインは微弱な電磁波による情報の漏洩、強力な電磁波の侵入によるセキュリティ上の問題を改善するための手引書として位置づけられている。そこで今回は、サーバーラックソリューションを考えるときに合わせて考慮したい電磁波セキュリティ対策の概要を紹介する。 サーバラック

1 

サーバーの電磁波セキュリティ対策



1-1

漏洩電磁波とは?


 サーバーやネットワーク機器などのIT機器はVCCI(Voluntary Control Council for Information Technology Equipment:情報処理装置等電波障害自主規制協議会)の規制に従って出荷されているが、たとえこの規制に準拠していても、ごく弱いレベルながら電磁波は漏れているものだ。これを「漏洩電磁波」という。この電磁波にはディスプレイに表示される画面情報やキーボードの打鍵情報などが含まれていたりする。つまり、IT機器から放出される電磁波は、ラックのケーブルや建物内の配管を伝導の媒体として、サーバールームやデータセンターなどの建物外へ伝播する可能性があり、第三者が特殊な装置を使ってこの漏洩電磁波を受信し解析すれば、IT情報が盗聴されてしまうという脅威が存在しているのだ。
 なお、電磁波を使った盗聴技術はTEMPEST(Transient Electromagnetic Pulse Surveillance Technology:テンペスト)と呼ばれていて、コネクタに装着する電磁波防止フィルタなどのTEMPEST対策製品もすでに開発・販売されている。


図1 漏洩電磁波とは?
図1 漏洩電磁波とは?
(資料提供:新情報セキュリティ技術研究会)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

サーバーラック/本体よりも重要?!サーバーラック」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバーラック」関連情報をランダムに表示しています。

サーバーラック」関連の特集


情報漏洩対策ツールとして注目を集めている、ハードディスクを持たない「ディスクレスPC」を分かりやすく…



ブレードサーバーは、2001年に初めて市場に登場して以来、省スペースに多くのサーバーを設置できること…



CPU、メモリやHDDも含めたPC本体をブレード状のボードに搭載し、ラックに抜き挿しする新型パソコン…


「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバーラック/本体よりも重要?!サーバーラック」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバーラック/本体よりも重要?!サーバーラック」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001652


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ