この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「生体認証 掲載日:2006/03/27

バイオメトリクス認証ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
本人固有の生体情報の有効性と課題
2
方式別に見るバイオメトリクス認証の特徴
3
バイオメトリクス認証最新動向
1
運用を考慮しよう!製品選びのポイント
2
バイオメトリクス認証ツール製品カタログ
1
バイオメトリクス認証ツールシェア表
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 バイオメトリクス認証ツールは、個人の生体情報を登録してもらう必要があり、パスワードのように情報システム部門から配布するような仕組みではない。経年変化や環境変化によって再登録作業も必要になるため、導入よりも運用面が重要なポイントだ。認証インフラとして根付かせる努力が、バイオメトリクス認証成功の鍵となるだろう。ここでは製品選びのポイントや、PCログインで利用できる製品を一覧で紹介する。 バイオメトリクス認証ツール

1 

運用を考慮しよう!製品選びのポイント



1-1

バイオメトリクスの製品選びの基本


 バイオメトリクス認証導入に関しては、4つの大きな観点で見ておく必要がある。照合精度や偽造、盗難などによる悪用が困難であることなどの「安全性」、費用対効果としての「経済性」、操作性が優れていることなどの「簡便性」、違和感や抵抗感を感じさせない「社会的受容性」だ。各々の製品を見る前に、この4点についてしっかりと検証した上で、製品選びをしていく必要がある。


安全性 照合精度が高く、認証が確実。また、偽造や盗難などの悪用が困難
経済性 保護すべき利益に見合う費用かどうか
簡便性 操作が簡単で、認証時間が早い、携帯性の有無など
社会的受容性 違和感、抵抗感など心理的懸念の払拭

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

生体認証/究極の個人情報「生体認証」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生体認証」関連情報をランダムに表示しています。

生体認証」関連の製品

ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 「製品を入れれば解決」がID管理で通じないのはなぜか 【日本アイ・ビー・エム】 手のひら静脈認証ソリューション BioPassport 【NTTテクノクロス】
その他ネットワークセキュリティ関連 ID管理 認証
二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 当たり前のように使っている「ID」と「パスワード」だが、個人を特定する情報を整合性ある形で設計し、どのように管理・運用するかを改めて問い直すべき時期に来ている。 端末のカメラで高精度な静脈認証を実現。認証装置、認証用サーバは不要。導入の負担がなく、今すぐにWindowsログオン認証の強度を高める生体認証ソリューション。

生体認証」関連の特集


 前回はデータセンター選定のポイントとして、設備と運営体制について記述をしました。今回はネットワーク…



進化を遂げる認証技術。まばたきなど新たな生体情報やフィッシング対策用の新証明書など、認証最新動向に注…



エンタープライズシステムのクラウド化が相次ぎ、データセンター需要も高騰気味。最近ではサービスを意識し…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

生体認証/究極の個人情報「生体認証」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「生体認証/究極の個人情報「生体認証」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001632


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ