この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「生体認証 掲載日:2006/03/27

バイオメトリクス認証ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
本人固有の生体情報の有効性と課題
2
方式別に見るバイオメトリクス認証の特徴
3
バイオメトリクス認証最新動向
1
運用を考慮しよう!製品選びのポイント
2
バイオメトリクス認証ツール製品カタログ
1
バイオメトリクス認証ツールシェア表
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 バイオメトリクス認証ツールは、個人の生体情報を登録してもらう必要があり、パスワードのように情報システム部門から配布するような仕組みではない。経年変化や環境変化によって再登録作業も必要になるため、導入よりも運用面が重要なポイントだ。認証インフラとして根付かせる努力が、バイオメトリクス認証成功の鍵となるだろう。ここでは製品選びのポイントや、PCログインで利用できる製品を一覧で紹介する。 バイオメトリクス認証ツール

1 

運用を考慮しよう!製品選びのポイント



1-1

バイオメトリクスの製品選びの基本


 バイオメトリクス認証導入に関しては、4つの大きな観点で見ておく必要がある。照合精度や偽造、盗難などによる悪用が困難であることなどの「安全性」、費用対効果としての「経済性」、操作性が優れていることなどの「簡便性」、違和感や抵抗感を感じさせない「社会的受容性」だ。各々の製品を見る前に、この4点についてしっかりと検証した上で、製品選びをしていく必要がある。


安全性 照合精度が高く、認証が確実。また、偽造や盗難などの悪用が困難
経済性 保護すべき利益に見合う費用かどうか
簡便性 操作が簡単で、認証時間が早い、携帯性の有無など
社会的受容性 違和感、抵抗感など心理的懸念の払拭

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

生体認証/究極の個人情報「生体認証」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生体認証」関連情報をランダムに表示しています。

生体認証」関連の製品

ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 NeoFace Monitor 【NEC】
勤怠管理システム 認証 認証
Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。

生体認証」関連の特集


本人確認手段として長らく用いられてきた「ID/パスワード」に限界が訪れている。では、パスワードに替わ…



 第2回・第3回に渡り、企業にとって危険なシナリオの事例を紹介してきた。今回は、中小企業が実際に対策…



生体情報を認証手段に利用したいものの、経年変化や情報保管に大きな課題が。そんな悩みを解決する「生体情…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

生体認証/究極の個人情報「生体認証」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「生体認証/究極の個人情報「生体認証」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001632


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ