この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


すご腕アナリスト市場予測
この先どうなる?が知りたいあなたに「携帯電話機 掲載日:2006/02/23

混戦時代に突入する 「携帯電話機」



 2強時代から混戦時代にと突入した携帯電話機市場。「苦戦組」と「善戦組」の分かれ目はどこにあるのか?また売れ筋モデルにはどのような傾向があるのか?はたまた番号ポータビリティが市場に与える影響はどの程度か?今回は国内における携帯電話機の市場動向を最新データに基づいて検証し、同時に2006年の市場展望を述べる。 混戦時代に突入する 「携帯電話機」



 A N A L Y S T アナリストファイル #029
 IDC Japan株式会社
IDC Japan株式会社 木村 融人(Michito Kimura)
コミュニケーションズ シニアマーケットアナリスト
木村 融人(Michito Kimura)
IDC Japanコミュニケーションズグループで携帯電話市場の調査分析および予測を担当。国内携帯方式別市場占有率、通信事業者別(キャリア別)、端末ベンダー別、カメラ携帯画素数等詳細なデータを四半期ごとに集計し発表している。また、店頭端末価格やユーザー購買行動についても分析を行う。


携帯電話機のベンダー間競争は、「2強時代」から「混戦時代」へ


 まず、2003年第1四半期から2005年第3四半期までにおいて、上位国内端末ベンダーの出荷台数占有率は図1のとおりである。過去3年間のデータから判断すると、1990年代後半以降国内市場のリーダー的存在であったNEC、パナソニックモバイル(以下、パナソニック)の2強ベンダーの市場占有率低下が目立ち始めている。その一方で、同2社とは対極的なベンダーとして、着実に市場シェアを拡大させているシャープ、2005年に入って再度勢いを取り戻しつつある東芝の2社の存在がクローズアップされている。

図1:端末ベンダー別シェア
図1:端末ベンダー別シェア
出典: IDC Japan

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

携帯電話機/混戦時代へ!「携帯電話機」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「携帯電話機」関連情報をランダムに表示しています。

携帯電話機」関連の特集


携帯電話の普及から社内でもビジネスフォンや固定電話が姿を消し、携帯電話が使われるように。社内電話と携…



IDC Japanの調べによると、2007年第2四半期、前年に比べ出荷台数が7.9%増加している国内…



モバイルとアプリケーション連携でビジネスが進化する!IPセントレックスで変わる新しいビジネスコミュニ…


「携帯電話」関連の特集


2013年第3四半期、前年同期比18.6%と大幅なマイナス成長となった同市場。苦しい状況の中、シェア…



2011年通年の出荷台数が3796万台となった「国内携帯電」市場。スマートフォン比率は64.7%まで…



2015年通年は前年比5.9%減だった国内携帯電話市場。41.9%で首位を維持するApple。2位以…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

携帯電話機/混戦時代へ!「携帯電話機」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「携帯電話機/混戦時代へ!「携帯電話機」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001607


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ