この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「シンクライアント 掲載日:2006/02/20

シンクライアント



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
シンクライアント再入門
2
より便利になったシンクライアント機能
1
シンクライアントの選び方
2
製品カタログ
1
シンクライアントの市場動向
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 シンクライアント製品を選択する場合、最初にどんなシステム構成が自社に最適なのかを見極めておく必要がある。なぜならシステム構成が違うと、その強みや注意点が大きく異なり、システム構成が違う製品同士を機能の有無で比較評価しても意味をなさないからだ。従って、事前に業務プロセスや今後導入予定のアプリケーションの種類・利用形態などを徹底的に再確認してから製品選びに入るようにしたい。 シンクライアント

1 

シンクライアントの選び方



1-1

シンクライアントを導入する前に


 シンクライアントソリューションはセキュリティ対策の決定版という位置づけではなく、情報漏洩に対する部分的な対策の1つであることを認識しておくこと。つまり、サーバー側のセキュリティ対策は従来どおり必要だ。
 また、参考までにガートナーがまとめたシンクライアント導入が有効な分野を以下に紹介しておこう。

PC上で高度な情報漏洩防止策が求められる環境
  ・ 顧客情報を持ち出す部門
  ・ 機密情報取り扱い部門
  ・
高度なセキュリティを要する業務
不特定ユーザーが操作する環境 (情報漏洩対策+システム変更防止)
  ・ コールセンターなど、多数従業員が頻繁に出入り
  ・
KIOSK、インターネット・カフェ、図書室
リモート環境
   応接・会議室の共用PC、遠隔勤務 
   取引先とアプリケーション共有する部門
用途が限定されている業務
  ・ コールセンター、メールと業務アプリのみのユーザー
基幹定型業務
モバイル環境において利用頻度低いアプリケーション 


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

シンクライアント/脚光を浴びる「シンクライアント」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

シンクライアント」関連の製品

アシスト Citrix サポートセンター 【アシスト】 地銀の機動力とセキュリティを両立した、タブレット2000台導入プロジェクト 【富士通】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】
シンクライアント タブレット その他ネットワークセキュリティ関連
実績豊富なアシストのエンジニアによるXenDesktop、XenAppの導入/運用サポート。アシスト以外のベンダーによる構築環境であっても高品質のサポートを提供可能。 銀行が安全とともに、機動力を手に入れる――タブレット活用 最前線 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。

シンクライアント」関連の特集


社内のPC増加に比例して、運用負荷も増すばかり。効率よく低コストに、PCの標準化を行う秘訣は?運用サ…



シンクライアント方式別に利用形態が分かれる中、「ブレードPC型」でシェア77.4%を獲得し1位になっ…



PC操作に不慣れな顧客をサポートする際、現地に行かずとも適切な指示ができる遠隔操作システムを使う税理…


シンクライアント」関連のセミナー

VERDEセミナー 【オリゾンシステムズ】  

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

仮想化デスクトップ(VDI)の導入をご検討されている方へ朗報!BYODへの対応、事業継続計画(BCP)の策定、Windows XPのサポート問題、セキュリティ対…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

シンクライアント/脚光を浴びる「シンクライアント」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シンクライアント/脚光を浴びる「シンクライアント」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001604


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ