この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「シンクライアント 掲載日:2006/02/20

シンクライアント



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
シンクライアント再入門
2
より便利になったシンクライアント機能
1
シンクライアントの選び方
2
製品カタログ
1
シンクライアントの市場動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 セキュリティ強化やTCO削減に効果ありとして、再びシンクライアントに注目が集まっているが、以前はベンダー側の意気込みとユーザーの思惑が一致しない部分も少なくなかった。例えば、専用端末が必要になったり、既存PCでは導入効果が期待できなかったり、全社レベルの導入が困難だったりした。また、対応アプリケーションに制限が出てくるケースもあった。しかし、最新のシンクライアントではこうした課題をクリアできる製品が登場し始めている。そこで今回はシンクライアントの基本技術を再確認しながらその最新事情に迫っていく。 シンクライアント

1 

シンクライアント再入門


 シンクライアントは以前、ネットワーク端末という形で一度話題になったことがあるが、そのときは、パソコンの急激な低価格化の波に呑み込まれてしまい、結局のところ普及するまでには至らなかった。そして今再び、新たなシンクライアントブームが起こり始めているが、以前とは一体何が違っているのだろうか。



1-1

シンクライアントとは?


 シンクライアントという言葉が認知され始めたのは、各社からマイクロソフトのWindows-Based Terminal(WBT)が登場した1997年から1998年頃だ。WBTとはWindowsサーバー環境でマルチユーザー環境(ターミナルサービス)を実現するための専用のクライアント端末のことで、クライアント端末はOSやアプリケーションを持たず、サーバー上にあるアプリケーションやデスクトップ環境をそのまま利用できる仕組みになっている。つまり、この場合のシンクライアントとは、Thinなクライアント、つまり「最小限の機能だけに抑えたクライアント」のことを指し、これに対し、従来の機能満載のPCはファットクライアント(fatなクライアント)と呼ばれるようになった。
 その後、シンクライアントはシトリックス・システムズのメタフレーム(現在のCitrix Presentation Server)などのミドルウエアが実現するサーバーベースコンピューティング(SBC:サーバーリソースを使ってクライアント機能を実行するシステム形態)を中心に知名度を上げていったが、最近はベンダー各社からさまざまなシンクライアントソリューションが提供されるようになったことから、サーバーからの視点だけでなく、クライアントからの視点も含めたシステムアーキテクチャ全体として再定義する必要が出てきた。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

シンクライアント/脚光を浴びる「シンクライアント」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

シンクライアント」関連の製品

クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】
VDI VDI シンクライアント
「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由

シンクライアント」関連の特集


ビジネスシーンでこそ活かされる「スマートフォン」。企業導入時に欠かせない"セキュリティ"や"運用管理…



厳しい暑さが続いておりますね。自宅に子ども用のプールを購入しました。土日に愛息とそのプールで遊ぶこと…



方式の選択やどの仮想テクノロジを採用するか、現状利用しているアプリケーションが移行できるかなど、検討…


「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

シンクライアント/脚光を浴びる「シンクライアント」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シンクライアント/脚光を浴びる「シンクライアント」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001603


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ