この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「SCM 掲載日:2006/02/06

サプライチェーンマネジメント



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
「製販一貫体制」をITで作るのがSCM
2
SCMはサプライチェーンをどう管理するのか
1
SCM導入の検討ポイント
2
SCMソリューション/パッケージ・カタログ
1
SCMパッケージの最新動向
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 SCMの効果や可能性は承知していても、導入に際しては相応に高額なツールを購入する必要があり、また自社用のインテグレーションやカスタマイズもほぼ不可欠になろう。それでも一定以上の規模の事業所なら導入効果は高く、単純な業務合理化ではなくプロセス改善や管理手法の確立など抜本的な改善・改革が実現可能なところに魅力がある。ここではSCMを導入するために気をつけるべき点を挙げていく。 サプライチェーンマネジメント

1 

SCM導入の検討ポイント


 SCMの導入に関して、気をつけるべきポイントを以下に挙げてみよう。



1-1

ツールの導入か、ソリューションの導入か


 SCMシステムはハイリスク・ハイリターンだという声を耳にした。ハイリスクとは、コストが相応に高額だという意味と、導入時に解決すべき課題を明らかにしていないと効果が見出せないという意味とを含んでいる。
 サプライチェーンのある部分に特定のツールを導入することにより、全体の管理を容易にすることは可能だが、それが既存のスイート製品の一部でない限り、運用管理コストを上げる原因になる危険をはらんでいる。「ベスト・オブ・ブリード」(その分野で最もよい製品を組み合わせる)でのシステム構築は、組み合わせる対象製品についての豊富な知識・経験が必要だ。時にはそのツールを導入したことによる影響範囲がつかみ切れず、思わぬトラブルに結びつくこともある。また製品数が増えれば増えるだけ保守コストが増す可能性がある。
 ソリューションとしての導入であれば、経験を積んだSIerやベンダーの知識やノウハウを取り込むことができ、たとえベスト・オブ・ブリードの製品構成になったとしても、ソリューションの提供者がリスクを担保してくれるはずなので安心できる。また保守に関しても同一業者のサービスを利用することにより、一定コストで納めることができるかもしれない。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SCM/サプライチェーンマネジメント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

SCM」関連の製品

クラウド型間接材調達支援サービス 【富士通コワーコ】 HPEが“持ち出し”も辞さない「IT投資保護」プログラムを開発した理由 【日本ヒューレット・パッカード】
SCM 統合運用管理
用度品、備品、事務用品等の経費による調達業務の課題を解決し、「業務工数」と「年間調達コスト」、「ITコスト」を総合的に削減するクラウドサービス。 コモディティ化が速いITインフラでハコモノと技術を買うのはナンセンス。とはいえハコが不要なわけではない。IT投資を無駄にしないために、われわれは「何」を買うべきか。

SCM」関連の特集


IT担当者492人を対象に、DWHの導入状況を調査。利用目的や満足度、重視ポイントなどから、他社での…



もう高いとは言わせない!?ホスティングサービスの登場で、本格導入の兆しを見せるシンクライアント最新事…



注目されながらもプレイクには至らなかった「ICタグ」に2006年は変化が?!その背景と最新動向、そし…


SCM」関連のセミナー

【第二期】現場の見える化が物流を制す 【内田洋行】  

開催日 6月14日(木),7月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

コスト削減と品質向上を両輪で進める必要のある物流現場において、現状を評価し、問題点を特定するために、KPIはなくてはならないものです。一方で、現場の情報がとれな…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SCM/サプライチェーンマネジメント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SCM/サプライチェーンマネジメント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001592


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ