この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「SCM 掲載日:2006/02/06

サプライチェーンマネジメント



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
「製販一貫体制」をITで作るのがSCM
2
SCMはサプライチェーンをどう管理するのか
1
SCM導入の検討ポイント
2
SCMソリューション/パッケージ・カタログ
1
SCMパッケージの最新動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 製品の原材料を調達し、製品を作り、販売する場所まで運んで(物流)販売し、品物が顧客のもとに届く。この全行程が「サプライチェーン」だ。サプライチェーンのどこかに非合理・非効率な部分があれば、コストが上昇し利益が低下する。またサプライチェーンが滞れば、顧客に迷惑をかけるばかりでなく、ビジネスチャンスを逃し大きな損失を生むかもしれない。そんなリスクを避け、ビジネスの効率を高めるのがサプライチェーンマネジメント(SCM)である。RFIDによる膨大な数の個品管理が本格化しようとしている今、SCMへの関心も高まってきた。今回は、SCMのあらましと、ツール導入の検討ポイントについて紹介していく。 サプライチェーンマネジメント

1 

「製販一貫体制」をITで作るのがSCM


 SCMという言葉を、パソコンベンダーとして著名なDell社のビジネスモデルに関連して聞いたことのある方も多いだろう。製造から販売までの事業を展開しているDell社は、BTO(Build to Order:受注生産)の合理的な仕組みを作り上げて成功した典型的な企業である。そこでは受注データベースが調達や生産に直結され、製品製造から顧客の手元に届くまでのコスト(期間もさることながら)を劇的に短縮することに成功したのである。そのビジネスモデルで決定的な役割を果たしていたのがSCMだ。



1-1

MRPからERP、SCMに発展


 SCMは、もともとは製造業で資材をどの時期にどのくらい調達(補充)しておけばよいのか正確に見積もるMRP(Material Requirements Planning)という手法から派生したものと言われている。それが生産計画の精緻化や在庫の適正化などの要求をもとに発展し、一方ではITを用いた業務プロセスの効率化/再構築に至るERPへと発展し、他方では需要予測を行って生産計画に反映させることができる、システム化された生産〜販売体制を作るためのSCMに発展したと考えると分かりやすい。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SCM/サプライチェーンマネジメント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

SCM」関連の製品

Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】 クラウド型間接材調達支援サービス 【富士通コワーコ】
ワークフロー SCM
サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。 用度品、備品、事務用品等の経費による調達業務の課題を解決し、「業務工数」と「年間調達コスト」、「ITコスト」を総合的に削減するクラウドサービス。

SCM」関連の特集


過去のSCM導入ブームの反省を生かした次世代SCMとは?将来を予測するための実績管理とコントロールの…



キットカットやネスカフェでおなじみのネスレ日本がIoTに挑戦! 静岡工場に突撃し、その実態を探った。



 今回は、ビジネスモデル改革にITを有効に活用して事業拡大に成功したY社の事例を紹介します。トップが…


SCM」関連のセミナー

SCM無料紹介セミナー 【アスプローバ】  

開催日 12月18日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

・利益増大するためのサプライチェーンの課題と解決策・SCP(Supply Chain Planning)・Asprova SCM とは

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SCM/サプライチェーンマネジメント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SCM/サプライチェーンマネジメント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001591


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ