この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


すご腕アナリスト市場予測
この先どうなる?が知りたいあなたに「オープンソース 掲載日:2006/01/26

商用ソフトウエアを凌駕するか? 「オープンソース最新動向」



 オープンソース・ソフトウエアと言うと、恐らく大部分の方が真っ先に思い浮かべるのはLinuxであろう。しかし、今やオープンソースは、Linuxだけにとどまらず、アプリケーションサーバー・ソフトウエアのJBossやDB ソフトウエアのMySQLなど商用ソフトウエアを凌駕する勢いでシェアを伸ばしているソフトウエアもあり、今後もその利用分野は拡大すると予想される。そこで本稿では、今後の利用拡大が期待される業務アプリケーションやインテグレーション・ミドルウエアの領域を中心にオープンソース・ソフトウエアの今後を展望する。 商用ソフトウエアを凌駕するか? 「オープンソース最新動向」



 A N A L Y S T アナリストファイル #020
 株式会社野村総合研究所
株式会社野村総合研究所 城田 真琴 (Makoto Shirota)
情報技術本部 情報技術調査室 副主任研究員
城田 真琴 (Makoto Shirota)
1994年北海道大学工学部電子工学科卒業後、大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年に野村総合研究所に入社。情報技術本部にてIT動向の調査と分析を行うITアナリスト集団に所属。専門は、 EAI/BPM、SOA等のミドルウエア領域、グリッド・コンピューティング、セキュリティ技術など。


第二世代オープンソース企業のインパクト


 2004年から2005年にかけて、第二世代のオープンソースと呼ばれるJBoss、MySQLなどが注目され、オープンソース市場を活性化させてきた。これらのソフトウエアは既に欧米を中心に多くの企業で採用されており、ミッション・クリティカル領域でも使われ始めている。また、日本でもいくつかのベンダーがサポートサービスの提供を開始しており、これにあわせて採用する企業も増えてきている。
 第一世代のオープンソースの代表である、Linuxと第二世代のオープンソースであるJBoss、MySQLを比べた場合、大きな違いはそのコミュニティが果たす役割の違いである。Linuxの場合は、恐らく多くの人がイメージするであろう開発形態、つまり、草の根的に広がるコミュニティの大勢の開発者が寄り集まって共同で開発する方式をとる。
 一方、JBossアプリケーションサーバーやMySQLの場合は、それぞれJBoss社、MySQL AB社という企業が中心になって以下のように開発を進めている。

JBossアプリケーションサーバーのケース
JBoss アプリケーションサーバーの場合は、JBossコミュニティに1000人以上の開発者がいるにも関わらず、そのソースコードの約9割がJBoss社内の 50人の開発者によって書かれているのである。つまり、JBoss社の場合は、自ら開発したソフトウエアをオープンソースとして無償で公開し、そのコンサルティングサービスやサポートによって収益を上げるというビジネスモデルを確立しているのである。尚、JBoss社は恐らく、現時点ではオープンソースをビジネスにしている企業で最も成功している企業であるといってよい。
MySQLのケース
 MySQL AB社の場合は、自社のソフトウエアをGPLライセンス(オープンソースライセンス)とコマーシャルライセンスというデュアルライセンスの形式で提供し、コマーシャルライセンスとそれに付随するサポートサービスで利益を得るというビジネスモデルである。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

オープンソース/オープンソース最新動向」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オープンソース」関連情報をランダムに表示しています。

オープンソース」関連の製品

クラウド移行・データベース見直しでTCOを削減、成長分野へ投資をシフト 【日本マイクロソフト+他】 オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】
データベースソフト ID管理 CMS
老朽化システムの延命を目的にシステムの移行を図る企業が多い。しかし、単なる入れ替えでは新しい価値を生まない。必要なのは新たな価値を与え、成長を実現することだ。 複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。

オープンソース」関連の特集


UNIX、Windowsと並ぶ第三の選択肢となり導入が加速しだした「Linux」。でもオープンソース…



ECMツールはERPと同様に全社規模で導入すべきツール。そのため製品の選定にあたってはさまざまな課題…



昨夏より日本でも販売されるChromebook。米国では教育現場をはじめ法人市場での導入が進んでいる…


オープンソース」関連のセミナー

【大阪開催】ほぼ実録!標的型攻撃の実態と対策 【主催:オージス総研/協賛:ソフトバンク/協力:オープンソース活用研究所】 注目 

開催日 6月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

【企業や組織として押さえておきたい大事な2つのポイント】昨今、特定の組織や個人を狙って情報窃取等を行う標的型攻撃による被害が増えています。その攻撃手法は巧妙でセ…

グローバル企業の成長を支える統合ポータル Liferay 【主催:エイジング/共催:日本ライフレイ】 注目 

開催日 6月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

今や多くの企業の活躍の場がグローバルへと拡がっています。この急激に変化するビジネス環境へ対応できるITシステムが求められ、そのためにはITに関する投資も継続して…

OSS監視ツール導入失敗事例から学ぶ、皆が知らない正しい手順 【主催:ミラクル・リナックス/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 6月2日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

【「Zabbix本の通りにやったのですが・・・」で失敗する例】オープンソースの運用監視ツールとして、Zabbixの人気が高まっています。しかし、お客様がZabb…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オープンソース/オープンソース最新動向」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オープンソース/オープンソース最新動向」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001585


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ