この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「スパム対策ツール 掲載日:2006/01/23

スパム対策ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
スパム対策ツールが必要な理由
2
スパム対策ツールの機能概要
3
スパム対策ツールの提供形態
1
スパム対策ツールの選び方
2
製品カタログ
1
スパム対策ツールとフィルタリングの違い
2
セキュリティ技術動向
3
ベンダーのビジネス展開状況
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 ここ数年、見ず知らずの人から送られてくる、宣伝や広告を目的にした電子メールが急増している。日本語や英語など、メールに書かれた言語はさまざまだ。「スパム」と呼ばれるこれらの迷惑メールによる被害が深刻化しつつある。そこで登場したのが「スパム対策ツール」。ここでは、スパムメールがユーザーに与え得る被害の大きさについて触れ、それを防ぐためのスパム対策ツールを紹介する。 スパム対策ツール

1 

スパム対策ツールが必要な理由


 「スパム」という名前の由来は、米Hormel Foods社の「SPAM」という肉の缶詰製品にあるという説が有力だ。この缶詰のCMで「スパム、スパム、スパム…」と「スパム」を連呼するシーンが流れており、それが迷惑という意味で使われるようになったとも言われている。
 欧米では、従業員が受け取る電子メールの70%がスパムであるという調査結果もある。日本はまだそこまでには至っていないが、今後も増加傾向にあることは間違いないという。スパムメールによる被害を、最小化するための対策が大いに注目される。以下にスパムメールの代表的な被害例を挙げる。



1-1

スパムメールによる被害


・業務効率の悪化

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

スパム対策ツール/「スパム対策ツール」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スパム対策ツール」関連情報をランダムに表示しています。

スパム対策ツール」関連の特集


●添付ファイルに仕組まれたウイルスへ感染●ワンクリック詐欺、フィッシング詐欺etc本当の脅威はそんな…



年々深刻さを増すスパムメール。厄介な相手とは早めに縁を切りましょう!「スパム対策ツール」の概要をアニ…



IT担当者581人対象にメールシステムとセキュリティ対策状況を調査。電子メール利用状況やセキュリティ…


「フィルタリング」関連の製品

Office 365+Windows 10でセキュリティをレベルアップ 【日本マイクロソフト】 InterSafe MobileSecurity 【アルプス システム インテグレーション】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング
標的型攻撃が 7倍に急増!…で 狙われる公共・教育・医療機関 Web閲覧やアプリ利用、社内アクセスまで一括制御できる、専用アプリ不要のスマートデバイス向け統合セキュリティサービス。Safariがそのまま使え既存システムに影響なし。 クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止

「フィルタリング」関連の特集


 前回と前々回でURLフィルタリングとウイルス対策の違いを説明した。今回はWebサイト閲覧の実体につ…



有害なWebページを95%もの高い確率でブロックできる「有害コンテンツ高度識別システム」。その仕組み…



著作権侵害を一瞬で見破る技術が登場しました。YouTube・ニコ動の懐かし映像・お宝映像の数々!もう…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スパム対策ツール/「スパム対策ツール」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スパム対策ツール/「スパム対策ツール」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30001581


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ