この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「スパム対策ツール 掲載日:2006/01/23

スパム対策ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
スパム対策ツールが必要な理由
2
スパム対策ツールの機能概要
3
スパム対策ツールの提供形態
1
スパム対策ツールの選び方
2
製品カタログ
1
スパム対策ツールとフィルタリングの違い
2
セキュリティ技術動向
3
ベンダーのビジネス展開状況
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 ここ数年、見ず知らずの人から送られてくる、宣伝や広告を目的にした電子メールが急増している。日本語や英語など、メールに書かれた言語はさまざまだ。「スパム」と呼ばれるこれらの迷惑メールによる被害が深刻化しつつある。そこで登場したのが「スパム対策ツール」。ここでは、スパムメールがユーザーに与え得る被害の大きさについて触れ、それを防ぐためのスパム対策ツールを紹介する。 スパム対策ツール

1 

スパム対策ツールが必要な理由


 「スパム」という名前の由来は、米Hormel Foods社の「SPAM」という肉の缶詰製品にあるという説が有力だ。この缶詰のCMで「スパム、スパム、スパム…」と「スパム」を連呼するシーンが流れており、それが迷惑という意味で使われるようになったとも言われている。
 欧米では、従業員が受け取る電子メールの70%がスパムであるという調査結果もある。日本はまだそこまでには至っていないが、今後も増加傾向にあることは間違いないという。スパムメールによる被害を、最小化するための対策が大いに注目される。以下にスパムメールの代表的な被害例を挙げる。



1-1

スパムメールによる被害


・業務効率の悪化

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

スパム対策ツール/「スパム対策ツール」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スパム対策ツール」関連情報をランダムに表示しています。

スパム対策ツール」関連の特集


スパム、ウイルス、情報漏洩…セキュリティ担当者の悩みをまとめて解決してくれる「UTM」。基礎から最新…



情報セキュリティ上のリスクが常に指摘されているメール。巧妙化する脅威の手口やユーザ企業の対策の実情に…



業務遂行の邪魔ばかり…年々増加の一途をたどるスパムメールと対策法の最新動向を取材してきました。


「フィルタリング」関連の製品

どう防げばいいのか? SNSによる情報漏えいが増えている 【KDDI】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】 Web/メールを手軽に守る、IT予算が少ない企業の情報漏えい対策 【デジタルアーツ】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング
どう防げばいいのか? SNSによる情報漏えいが増えている クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止
Web/メールを手軽に守る、IT予算が少ない企業の情報漏えい対策

「フィルタリング」関連の特集


迷惑メール除去に加え、情報漏洩対策や日本版SOX法対応など、成長が続く「メールフィルタリングソフト」…



危険物所持のメールは入れさせない、出させない。メールフィルタリングツール3分でおさらい!



 前回と前々回でURLフィルタリングとウイルス対策の違いを説明した。今回はWebサイト閲覧の実体につ…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スパム対策ツール/「スパム対策ツール」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スパム対策ツール/「スパム対策ツール」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30001581


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ