この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


すご腕アナリスト市場予測
この先どうなる?が知りたいあなたに「ICカード 掲載日:2005/10/27

新たなフェーズに突入する 「ICカード」



 ICカードをめぐる環境がにぎやかになっている。特に昨今では、コンプライアンス対応や、金融業界のICカード採用、Suicaの普及など様々な要因が相まって顧客サービス、職域利用などさまざまな角度からICカードの利用が見込まれている。キーマンズネットにおいても、セキュリティソリューションのツールとして紹介される例も多くあり、決して新しい技術ではないことは周知の通りである。そこで本稿では、コンシューマ市場、エンタープライズ市場の双方で黎明期を脱し、普及期に突入しつつあるICカードの現状と将来をみてみたい。 新たなフェーズに突入する 「ICカード」



 A N A L Y S T アナリストファイル #021
 株式会社 野村総合研究所
株式会社 野村総合研究所 藤吉 栄二 (Eiji Fujiyoshi)
情報技術本部 情報技術調査室 副主任研究員
藤吉 栄二 (Eiji Fujiyoshi)
1995年大阪大学理学部物理学科卒業後、大手電機メーカー系ソフトハウスにて無線技術の研究開発に従事。2001年に野村総合研究所に入社。情報技術本部にてIT動向の調査と分析を行うITアナリスト集団に所属。専門は、 RFID、ICカード、無線LANなどモバイル関連技術。


ICカードとは何か?


 ICカードは、名刺サイズのカードにICチップを搭載して、外部読取機との情報交換を行う端末である。昨年話題となったICタグも基本構成は同じである。通信方式では、接触ICカード、非接触型ICカード、接触式と非接触式の両方の通信を持ち合わせたデュアルインターフェースカード(コンビカードやコンボカードとも呼ばれることがある。)などが利用されている。(図1)

図1
図1
出典:野村総合研究所

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ICカード/遂に普及期へ!「ICカード」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ICカード」関連情報をランダムに表示しています。

ICカード」関連の製品

ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 楽楽精算 【ラクス】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】
勤怠管理システム 会計システム 勤怠管理システム
Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。 2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。

ICカード」関連の特集


増えるクレジットカード情報の漏洩事件。今、サイト運営企業は顧客情報をどう守るのか?セキュリティ標準「…



受付の省力化やコスト削減だけでなく、セキュリティ機能も強化され、効率性と安全性の面から普及が進む無人…



進化を遂げる認証技術。まばたきなど新たな生体情報やフィッシング対策用の新証明書など、認証最新動向に注…


ICカード」関連のセミナー

BINET戦略セミナー「IoTおもてなしクラウド事業の動向」 【ビジネスインテリジェンスネットワーク】 締切間近 

開催日 12月8日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万8080円(税込み)

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及び大会以降の我が国の持続的な成長を見据えた社会全体のICT化の推進に向け 、総務大臣が主宰する 「2020年…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ICカード/遂に普及期へ!「ICカード」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ICカード/遂に普及期へ!「ICカード」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001463


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ