この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「UNIXサーバー 掲載日:2005/12/22

スグ解る!「UNIXサーバー」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのはUNIXサーバー。国内市場では2000年下半期をピークに縮小を続けているが、WindowsやLinuxサーバーに先行するRAS(信頼性、可用性、保守性)機能や、プロセッサの高速化技術およ仮想化技術などの実装により、ハイエンドサーバーとしての利用は拡大していくと予想されている。 スグ解る!「UNIXサーバー」

UNIXサーバーって?

 サーバーは採用しているアーキテクチャの違いから、IAサーバーとRISCサーバーに分けることができる。前者には主にWindowsが搭載されているが、後者はUNIX系OSが搭載されていることからUNIXサーバーとも呼ばれている。但しUNIXサーバーの中にもIA-64アーキテクチャを採用した製品が登場し、この定義は次第に崩れ始めている。よって今回は、UNIXサーバーを各ベンダーの提供する“商用UNIX系OSを搭載したサーバー”のこととして話を進める。

UNIXサーバーって?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

UNIXサーバー/スグ解る!UNIXサーバー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバー」関連情報をランダムに表示しています。

UNIXサーバー」関連の製品

SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢 【日本アイ・ビー・エム】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 IBM Power Systems 【日本アイ・ビー・エム】
UNIXサーバ バックアップツール UNIXサーバ
IDCの見解──SAP HANA、SAP S/4HANAのメリットを享受できる企業の特長は? 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?

UNIXサーバー」関連の特集


電源異常によるサーバーダウンは、絶対に避けたい出来事。これを防ぐのがUPS。そのUPSの機能や種類を…



データ量の増加と共に増えるストレージの運用管理問題。この手間やコストを軽減できる「SAN」は、これま…



2014年は4697億円の出荷規模だった国内サーバ市場。円安による部材コストの上昇で平均単価が上昇す…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UNIXサーバー/スグ解る!UNIXサーバー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UNIXサーバー/スグ解る!UNIXサーバー」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001461


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ