この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「KVMスイッチ 掲載日:2005/09/22

スグ解る!「KVMスイッチ」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのはKVMスイッチ。KVMスイッチは、現在は単なる機器の切替機ではなく、管理者が遠隔地にあるコンピュータを管理するためのツールとして注目を集めるようになってきた。これはIPネットワーク経由でのデジタルKVMスイッチの登場で、高度なリモート管理が可能になったからである。そこで今回は、KVMスイッチについて紹介する。 スグ解る!「KVMスイッチ」

KVMスイッチって?

 KVMスイッチとは、K(キーボード)、V(ビデオモニター:ディスプレイのこと)、M(マウス)を複数のコンピュータで共有して使うための切替器のことだ。以前はCPU切替器などとも呼ばれていたが、その頃に比べて現在のKVMスイッチは、技術的に大きな進歩を遂げており、単なる切替器の枠におさまらない製品となっている。例えば、インターネット経由でのアクセスが可能なデジタルKVMスイッチも登場しており、遠隔地からのコンピュータの操作も実現可能だ。

KVMスイッチって?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

KVMスイッチ/スグ解る!「KVMスイッチ」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「KVMスイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

KVMスイッチ」関連の製品

放送・インフラ監視システムで期待、4Kデジタル「マルチユーザーKVMスイッチ」 【富士通コンポーネント】 ラックマウント用コンソールドロワー 「フルHDモデル」 【富士通コンポーネント】 DVI小型遠隔ユニット FE-3500CX 【富士通コンポーネント】
KVMスイッチ KVMスイッチ KVMスイッチ
放送、電力、交通といった社会インフラを支えるKVMスイッチ。今回、最大4Kのデジタルビデオに対応したマルチユーザー操作のKVMスイッチがあの国産ベンダーから登場した。 19インチラックの1Uスペースに収納可能なサーバラック用(600〜1000mm)の引出式コンソールユニット。 コンソール(キーボード、マウス、ビデオ)のビデオ信号をそのままLANケーブル(Cat6、Cat5E UTP)で延長するための装置。延長ケーブル感覚で簡単に設置可能。

KVMスイッチ」関連の特集


面倒だけど大事なサーバ管理…の必需品、KVMスイッチの選択時に見落としがちなポイントを紹介!マウスが…



サーバ仮想化ソリューションのシェアをお届けします!2009年度、市場占有率88.7%を占め1位を獲得…



 最終回の今回は、これまでに行った分析を振り返りながらクラウド利用の注意点をまとめていく。 まず、こ…


「KVMスイッチ」関連の製品

ラックマウント用コンソールドロワー 「フルHDモデル」 【富士通コンポーネント】 放送・インフラ監視システムで期待、4Kデジタル「マルチユーザーKVMスイッチ」 【富士通コンポーネント】 DVI小型遠隔ユニット FE-3500CX 【富士通コンポーネント】
KVMスイッチ KVMスイッチ KVMスイッチ
19インチラックの1Uスペースに収納可能なサーバラック用(600〜1000mm)の引出式コンソールユニット。 放送、電力、交通といった社会インフラを支えるKVMスイッチ。今回、最大4Kのデジタルビデオに対応したマルチユーザー操作のKVMスイッチがあの国産ベンダーから登場した。 コンソール(キーボード、マウス、ビデオ)のビデオ信号をそのままLANケーブル(Cat6、Cat5E UTP)で延長するための装置。延長ケーブル感覚で簡単に設置可能。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

KVMスイッチ/スグ解る!「KVMスイッチ」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「KVMスイッチ/スグ解る!「KVMスイッチ」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001454


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ