この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「RFID 掲載日:2005/12/26

RFID



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
UHF帯の使用解禁がRFIDを本格普及させる理由とは
2
RFIDの活用領域
3
RFIDシステム導入の勘所
1
RFID製品導入のポイント
2
RFIDの主なベンダーと製品カタログ
1
2004年の実績と2005年の予測
2
現在の傾向
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 基礎編で紹介したように、RFIDシステムは使用する周波数帯により大きく特徴が異なり、使用用途にも違いがある。その違いをよく理解して、ビジネスに役立つ最適なソリューションを図ることが大切だ。そのためにはRFIDシステムがどのようにアプリケーションと連携できるのかを実証的に十分に実験・検討しなければならない。UHF帯については実証実験施設も含めて、ブレイクに向けてベンダーの導入サポートやコンサルティングサービスも本格化しようとしている。基礎編で指摘したこうした点を前提に、RFID導入に当たってそのほかにどのような検討ポイントがあるのかを、ここでは考えてみよう。 RFID

1 

RFID製品導入のポイント


 RFIDには選択肢がさまざまにあり、コストが許せばオリジナルなRFタグ注文なども可能な状況にあるため、RFIDを使ったビジネスモデルをどう描くかが最も大きなポイントではある。しかし選択肢が多いだけに、製品などを評価するポイントを定めないと、選択が難しいようだ。そのポイントの例としては、次のような項目があげられよう。



1-1

アプリケーションに最適な製品を選ぼう


 周波数の特徴を理解したうえで、交信速度、交信距離、反射、干渉、耐水性、耐油性、耐光ノイズ、タグのサイズ、タグのメモリー容量が最適なものを選ぶ必要がある。RFタグにはメモリーに書き込めるタイプのほか、リードオンリーのタイプもある。アプリケーションによっては低価格のリードオンリータイプを選ぶ選択もありうる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

RFID/変化の年を迎えた「RFID」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「RFID」関連情報をランダムに表示しています。

RFID」関連の製品

ハンズフリー認証システム ACCURANCE-TAG(アキュランスタグ) 【オプテックス】 クラウド型社内資産管理ソフト Assetment Neo 【アセットメント】 AsReaderApps 【アスタリスク】
入退室管理システム IT資産管理 その他基幹系システム関連
ハンズフリーでのスムーズな通行動線を確保しつつ、無駄開きによるセキュリティ性の低下を防止。利便性とセキュリティ性の両立を実現したハンズフリー認証システム。 クラウド型の社内資産管理ソフト。社内の資産管理台帳を一元化して、常時正確な管理状態を維持。他社のIT資産管理ソフトと連携し、所在不明な機器を把握する。 iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。

RFID」関連の特集


あらゆる領域でOSSが登場し、活用が進みつつあります。今回はその利用状況を解説しつつ、利用拡大に向け…



アイディア次第で活用法は多種多様!自社課題に合う「ネットワークカメラ」選びのために活用例を多数紹介!…



昨年はICタグブームの年であった。ウォル・マートのICタグ導入宣言など世界的なICタグ導入の気運が高…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

RFID/変化の年を迎えた「RFID」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「RFID/変化の年を迎えた「RFID」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001442


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ