この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2005/12/14
 ネットワークだと認識せよ!【SAN環境構築の実態】

 通常のLANとは別に、ストレージ用のネットワークを構築してバックアップの効率化やストレージ統合などを実現することができるSAN(Storage Area Network)。普及が進みつつあるものの、未だに二の足を踏んでいる情報システム部門の方も少なくない。そこで、SAN環境を構築している運用管理者にお話をいただきながら、SANにまつわるトレンドを見ていきたい。
【SAN環境構築】

   
Aさん
ゲーム関連会社勤務
情シス歴:13年
SAN用途:
バックアップ統合
導入時期:
2004年10月
Bさん
メーカー勤務
情シス歴:10年
SAN用途:
サーバー統合
導入時期:
2003年12月
Cさん
ネット関連会社勤務
情シス歴:5年
SAN用途:
Webアプリのストレージ
導入時期:
2005年4月


【1】SAN環境の導入状況
 ゲーム関連会社に勤務するAさんは、開発環境や社内業務として利用する複数サーバーのバックアップ環境を統合するためSANを導入している。Aさんが構築しているSAN環境を見てみよう。

導入時期:2004年10月
クライアント端末:
サーバー×6台、ファイバチャネルスイッチ×2台、ストレージ装置×1台、テープ装置×1台
選定のポイント:導入実績
導入の目的:
複数サーバーのバックアップ環境を統合することによる業務の効率化
【システム構成図】
システム構成図

1-1 Aさんの導入環境
 Aさんの企業では、開発及び業務システムとして利用しているサーバーのバックアップを情報システム部門が一括で行っている。以前は、開発環境そのもののバックアップについては、開発部門自らが実施し、業務システムに関しては一部のサーバーのみバックアップをインフラ担当部門が行っていた。しかし、すべてのサーバー環境をインフラ担当部門でバックアップして欲しいという要望があり、一旦はサーバー個別にバックアップを行っていた。しかし、6台あるサーバーに対して1台ずつバックアップを実施するのは手間のかかる作業。社内的にバックアップ統合を実現する機運が高まったという。
 そこで、バックアップ環境を統合し業務の効率化を実施するため、ファイバチャネルスイッチとストレージ装置を導入し、バックアップを一元的に行う環境を構築した。各サーバーにHBA(Host Bus Adapter)を装備し、ファイバチャネルスイッチ2台で冗長化をはかっている。ストレージ装置に関しては、RAIDコントローラを装備したミッドレンジのディスク装置を導入している。装置そのものは将来的な拡張も含め、数十TBまでの増設が可能なモデルを選択したという。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SAN/ネットワークと認識せよ!SAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

SAN」関連の製品

Adobe Acrobat 【アドビ システムズ】 「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication 【ヴィーム・ソフトウェア】 ビジネス目的のサイバー攻撃が増加、プロの手口に対処するには? 【シマンテック】
PDFソフト バックアップツール DLP
“機密”が満載の業務ドキュメントにおいて、セキュリティ保護は最重要課題だ。PDFは安全なファイル形式として信頼があるが「何もしないでも安全」ではない。 DRとして仮想化システムやデータのバックアップを取ったものの、有事の際、本当に正常に再稼働できるのか。「やっているつもり」のDRから脱却する手頃な方法とは。 ビジネス目的のサイバー攻撃が増加、プロの手口に対処するには?

SAN」関連の特集


昨年頃から急増しているWebサイトへの新しい攻撃。ファイアウォールも気づかないこの手の攻撃を防ぐには…



前回は棺について考察しました。今まで棺については、残された方々があまりにも時間が無い中で、決めざ…



目指すは「業務の効率化」?それとも「内部統制の強化」?せっかく導入しても、欲しい機能が用意されていな…


SAN」関連のセミナー

標的型攻撃対策ソリューションセミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 10月17日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃はますます高度化・巧妙化しており、攻撃を防御するためには様々な対策を打つ必要があります。例えば、一見普通のメールについている添付ファイルやURLに罠が…

HPE LoadRunner体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 11月10日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

負荷テストツール「LoadRunner」の体験セミナーです。負荷テストにおける工数削減/大規模な同時ユーザ数への対応/多様化するテストパターンへの対応を実現し、…

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャによるIT基盤の進化 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 10月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

IT基盤は仮想化技術によって、革新を迎えたのは10年ほど前からです。しかしながら、それを支えるIT基盤はSAN/NASを用いた仮想化以前のそれと何1つ変わってい…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

SAN/ネットワークと認識せよ!SAN」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SAN/ネットワークと認識せよ!SAN」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001433


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ