この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「ブレードサーバー 掲載日:2005/10/31

ブレードサーバー



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
ブレードサーバー当世事情
2
設計思想の違いと管理機能
3
運用面での注意事項
1
ブレードサーバー選びのポイント
2
ブレードサーバー製品カタログ
1
形状別ブレードサーバーシェア
2
ベンダー別ブレードサーバーシェア
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 これから出荷数が大幅に伸びると第三者機関のデータで試算されているものの、各社独自のハードウエア構成で製品選びが難しいブレードサーバー。基本的にはタワー型や薄型ラックマウント型と同じサーバー製品ではあるものの、将来的な投資計画をしっかりと加味しながら製品を選んでいく必要がある。そこで、将来的に考えておきたいポイントを詳しく見ていこう。 ブレードサーバー

1 

ブレードサーバー選びのポイント



1-1

ブレードサーバーの目安は5台から


 どんな製品であれ、製品を選定するときに重要な要素となるのは導入コストだ。通常薄型ラックマウントサーバーと競合になりやすいブレードサーバーだが、その導入コストがお得になるのは、おおよそ5台からが目安になる。通常の薄型ラックマウント型よりもエンクロージャー部分のコストが余分にかかるため、システム規模に応じて5台程度必要な場合に選択されることが多い。ただ、サーバー統合などの戦略的な環境の変化や仮想化などに伴う運用コストの大幅な削減効果が期待できるため、導入コストだけで判断するのは早計だ。また、最近では各社キャンペーンなどで格安な価格でエンクロージャを提供しているため、5台よりも小規模なシステムでも十分コストは安くなる状況だ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ブレードサーバー/ブレードサーバー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブレードサーバー」関連情報をランダムに表示しています。

ブレードサーバー」関連の特集


各社独自の仕様で展開しているブレードサーバー。どの部分に違いがあるのか、また製品選びのポイントはどこ…



高い導入率を誇り、デジタルKVMスイッチへの意向も進むKVMスイッチ。 その導入目的や必要な機能など…



拠点に乱立するサーバ。もはや手に追えなくなっていませんか?今回はインフラを最適化しコスト削減に有効な…


「ブレードサーバ」関連の特集


IDCだけでなく企業にも入り始め、もはやインフラと化したブレードサーバ。今回は、サーバ統合にスポット…



ブレードサーバーは、2001年に初めて市場に登場して以来、省スペースに多くのサーバーを設置できること…



サーバ統合をもっとも効率的に行えるブレードサーバ!敷居が高いと思われがちですが、そんなことはありませ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブレードサーバー/ブレードサーバー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブレードサーバー/ブレードサーバー」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001397


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ