この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「SAN 掲載日:2005/10/17

SAN



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
SANの基礎知識
2
SANの最新事情
1
SANの選び方
2
製品カタログ
1
マーケット情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 日々増え続けるデータ量をスムーズに処理するには、サーバーとストレージを柔軟に接続できる環境が望ましい。その手法として注目されているのが、SAN(Storage Area Network)である。昨年あたりから、エントリー向けの低価格なSANコンポーネントも登場し、多くのデータを抱える中堅企業にとっても、問題回避の選択肢として検討できる製品となってきた。今回は、このSANについて基礎から最新事情までを詳しく紹介する。 SAN

1 

SANの基礎知識


 ストレージ装置は、装備されている場所や接続方法の違いにより、DAS(Direct Attached Storage)、NAS(Network Attached Storage)、SAN(Storage Area Network)の3タイプに大別できる。DASはコンピュータ本体に直接接続するタイプ、NASとSANはネットワークに接続するタイプでネットワークストレージと呼ばれている。



1-1

SANとは


 今回取り上げるSANは、サーバーネットワークとは別のデータストレージ専用ネットワークを設けて、サーバーにストレージ環境を提供する仕組みのことを指す。SANでは各サーバー側がファイルシステムを搭載する形を取り、データはブロック単位でストレージ専用ネットワーク上を行き来する。従って、ネットワークに対する負荷はNASよりも小さくてすむ。ただし、異なるファイルシステムを持つサーバー間ではデータ共有が難しくなる。
 SANには「ファイバチャネル」と呼ばれるシリアルSCSIで接続する「FC-SAN」と、SCSIの命令体系をIPにマッピングした「iSCSI」(Internet SCSI)やファイバチャネルをベースにIPネットワークを利用する「FCIP」(Fiber Channel over IP)または「iFCP」(Internet Fiber Channel Protocol)で接続する「IP-SAN」がある(図1参照)。単にSANといった場合はFC-SANを指し、IP-SANといった場合は製品化が進んでいるiSCSIを指す場合が多い。


図1 FC-SAN、IP-SAN、NASの仕組みの違い
図1 FC-SAN、IP-SAN、NASの仕組みの違い

 SANのおもなメリットを挙げると次のようになる。 
他のストレージソリューションに比べて高性能
ディスク容量の拡大に対するスケーラビリティが優れている
高可用性を実現しやすい(堅牢性、仮想化)
ストレージ統合によるTCO削減効果が高い
LANフリー/サーバーフリーのバックアップを実現できる
異機種混在(ヘテロジニアス)環境でのデータ共有が容易
ディザスタリカバリ/リモートミラーリングを実現しやすい
運用管理性が向上する


コラム IP-SAN(iSCSI)は普及するか?
 SANはファイバチャネル、NASはIPネットワークという棲み分けで発展してきたはずのネットワークストレージだが、前述したようにSANにもIPネットワークを適用する動きがある。IP-SANに対応したストレージは「IPストレージ」と呼ばれているが、IPストレージはファイバチャネルが不得意な分野(どこからでも接続可能で距離の制限もない)で注目を集めているだけでなく、コスト面(ファイバチャネルではホストバスアダプタ(HBA:LANのNICに相当するもの)やFCスイッチ(LANスイッチに相当するもの)などの追加コストが高い)や性能面(イーサネットのギガビット対応)でも期待されている。例えば、IP-SANの代表選手であるiSCSIはシスコがIBMなどと共同開発した技術で、伝送媒体がファイバチャネルからIPに替わっても同じ SCSI命令体系を使用することができるので、NICのデバイスドライバを変更するだけで、サーバーシステムは従来のSCSIデバイスを認識することができる。ただし、FC-SANと比較すると、フロー制御方法やIP遅延といった点で性能が劣るというマイナス面もある。しかし、ストレージベンダー各社ではギガビットイーサネットの普及に合わせてiSCSI対応の製品ラインナップの充実も順次進めているので、今後その製品動向にも注視していく必要があるだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SAN/広がり行く「SAN」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

SAN」関連の製品

FortiSandbox 【図研ネットウエイブ】 Create!Form 【インフォテック】 労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】
その他ネットワークセキュリティ関連 電子帳票システム 人事管理システム
巧妙化する未知の脅威に対して、実効性の高い対策を可能にする統合ソリューション。二重構造のサンドボックスを基盤に、最新の脅威情報を包括的に活用して対策が取れる。 簡単な作業ステップで作成できる帳票設計・出力支援ソフトウェア。
グラフやバーコードなど多様な表現が可能。
PDF・HTML・プリンタ印刷で高速な出力を実現。
社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。

SAN」関連の特集


中堅中小企業だって油断大敵!知らぬ間に親会社や取引先への攻撃に“踏み台”となり加担している事例が勃発…



高機能・多機能化すぎてどの製品を選べばいいかわからない。困ったときは5つの視点で検討することをお薦め…



最近SMB向け製品も登場し、ますます製品ラインナップが充実してきたブレードサーバ。基礎から最新動向ま…


SAN」関連のセミナー

はじめてのHULFT製品ご紹介セミナー 【主催:セゾン情報システムズ】  

開催日 10月18日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

変化し続けるICT環境は、企業情報システムのデータ連携に今までにない大きな変化をもたらしています。セゾン情報システムズでは、時代の変化、企業情報システムのICT…

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャによるIT基盤の進化 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 10月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

IT基盤は仮想化技術によって、革新を迎えたのは10年ほど前からです。しかしながら、それを支えるIT基盤はSAN/NASを用いた仮想化以前のそれと何1つ変わってい…

IBM SPSS Modeler 無料体験セミナー 【AIT】  

開催日 11月18日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

IBM SPSS Modelerは、統計学や分析手法の専門知識がなくても、GUI操作で直感的に、仮説発見や予測分析が行えるソリューションです。多くの企業の経営計…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SAN/広がり行く「SAN」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SAN/広がり行く「SAN」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001385


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ