この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「CTI 掲載日:2005/10/03

コンタクトセンター向けCTI



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
コンタクトセンターを実現するCT
2
コンタクトセンター向けCTI製品の最新動向
1
コンタクトセンター向けCTI製品導入時の注意点
2
コンタクトセンター向けCTI製品カタログ
1
CTI ユーザーの声
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 ここではコンタクトセンター向けCTI製品を導入する際の具体的な検討項目を洗い出し、その各々についての留意点を見ていく。またunPBXタイプとソフトスイッチタイプの製品について製品カタログを整理したので、そちらも参考にしていただきたい。さらにキーマンズネット読者を対象にした『CTIに関するアンケート』結果も掲載した。合わせてご参照いただければと思う。 コンタクトセンター向けCTI

1 

コンタクトセンター向けCTI製品導入時の注意点



1-1

費用対効果が見込めるか


 例えば新規でコンタクトセンターを立ち上げたいといった場合、まずは10席程度で電話受付を行なうことができればいいというレベルなら、unPBXタイプの製品などを導入することから考えればいい。200万円ぐらいの予算があれば十分に構築可能で、さらに 50〜100席ぐらいまでの席数の増加に耐えられるものもある。
 いくら重要な顧客対応の窓口だからといっても、コンサルタントに依頼し、新たにPBXを導入し、システムも構築して、ということになれば、簡単に数千万円の投資コストはかかってしまう。また運用コストや手間もそれなりにかかるだろう。とりあえず、今まで手付かずだった顧客対応や顧客の利便性向上を速やかに実現したいという場合には、パイロット版を導入し、そこから費用対効果を見極めつつ、拡張していくことが望ましい。
 その一方で、通信販売会社などコンタクトセンターが自社の生命線を握っているような企業においては、より柔軟で効率的なコンタクトセンターを実現する必要があるだろう。新規で立ち上げる場合でも、将来に及ぶ競合他社との競争力を維持するためにも、始めからフルIP化を図り、ソフトスイッチタイプのコンタクトセンターを構築するという選択は現実的だ。
 いずれの場合においても、自社のコンタクトセンターが果たす役割をよく認識し、投下できるコストと期待できるメリットを十分に比較検討した上で、製品選定を行なうべきだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

CTI/コンタクトセンター向けCTIの基礎」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CTI」関連情報をランダムに表示しています。

CTI」関連の製品

BlueBean&N-LINE 【NSSホールディングス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コールセンター業務の無駄な通話料金を削減、CRM搭載クラウド型CTIの実力は? Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

CTI」関連の特集


顧客の利便性を向上させ、サービスの均質化・高度化を図るコンタクトセンタとは何か?簡単アニメでサクッと…



電話の取次ぎがこんなに進化していた!クレームに最適?電話が鳴った時に、これまでの取引やクレーム履歴な…



膨大なデータの処理や制御を行うためにAIの技術は不可欠である。富士通が志向するAIは「人に寄り添う」…


「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CTI/コンタクトセンター向けCTIの基礎」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CTI/コンタクトセンター向けCTIの基礎」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001375


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ