この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2005/09/14
 止まる、泊まるの繰り返し!【資産管理ツール】

 IT資産の管理は、情報システム部門にとって大切な業務の1つ。ハードウエア情報やソフトウエア情報のインベントリ収集から、必要なセキュリティパッチ適応、業務アプリケーションの配布まで、IT資産の管理には多くの作業が付きまとう。この資産管理を容易に行うことができるように製品化されたものが、今回のテーマである「資産管理ツール」だ。この資産管理ツールにまつわる運用のあれこれを情報システム部門の方に聞いてみた。
止まる、泊まるの繰り返し!【資産管理ツール】

   
Aさん
メーカー勤務
情シス歴:15年
管理PC台数:約2000台
導入時期:2002年ごろ
Bさん
流通業勤務
情シス歴:12年
管理PC台数:約1000台
導入時期:2003年ごろ
Cさん
広告代理店勤務
情シス歴:9年
管理PC台数:約5000台
導入時期:2001年ごろ


【1】資産管理ツール導入環境と運用状況
 資産管理ツールを導入している環境について、まずはAさんの会社での状況を見てみよう。古くは1997年当時から資産管理ツールを導入しているが、製品自体のサポートが打ち切られたため、新たな製品を2003年に導入したようだ。

1-1 Aさんの導入環境

【Aさんの導入環境】
導入時期:2003年10月
システム構成:
マネージャサーバー1台、資産管理DBサーバー1台、配布用サーバー5台
導入台数:約2000台
インベントリ収集:PC立ち上げ時
パッチ・アプリケーション配布:月2回、PC立ち上げ時
導入のきっかけ:以前の製品がサポート終了したため。
【ネットワーク構成図】
ネットワーク構成図

 現在Aさんの会社では、集中型の構成で資産管理システムを構成している。以前は親サーバーに対して子サーバーを複数置いて運用していたが、運用負荷を考慮して集中化を目指し、今では1台のマネージャサーバーがすべての端末の管理を実施している。収集されたインベントリ情報はDBサーバーに格納され、セキュリティパッチやアプリケーションの配布が必要な場合は、配布用のサーバーから情報をクライアントPC側に配布する。配布サーバーに関しては5台構成で、処理の分散を目的にしている。
 運用に関しては、夜中のパッチ作業は行わず、従業員がPCを立ち上げるタイミングでインベントリの収集やアプリケーション配布を実施している。また営業マンなどが客先に持ち出したときにはパッチ適応が遅れるため、メールにてパッチ適用を促すプッシュ型の情報配信の仕組みも実現している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

資産管理ツール/同期に悩む!資産管理ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理ツール」関連の製品

Livestyle Office 365 セキュリティ強化サービス 【TOSYS】 IT資産管理サービス DREAMS 【ダイヤモンドレンタルシステム】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 IT資産管理 IT資産管理
Office 365利用に不可欠なデバイス・アプリケーション管理やID管理、ファイル管理、データ保護が簡単に行える月額サービス。管理者の手間なくセキュリティを強化できる。 IT資産管理に関するコンサルティング・資産の利用状況調査・管理ツールの提供と運用のアウトソーシングなど。PCレンタルを組み合わせた、トータルアウトソーシング。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。

資産管理ツール」関連の特集


社員のスマートデバイス利用を制限したいわけではないが、情報漏洩やセキュリティリスクが懸念…そういった…



PCの操作履歴を取得できる「PCログ監視ツール」。情報漏洩対策として導入した企業も多いとか…。Web…



現在利用中の「端末」「OS」「オフィススイート」は?今後1年以内でクライアント端末の導入予定者が検討…


資産管理ツール」関連のセミナー

ライセンスコンプライアンスのために実施するIT資産管理とは 【日本ユニシス/ユニアデックス/SoftwareONE Japan/NECキャピタルソリューション】  

開催日 10月14日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

 IT資産管理はクラウド環境やライセンス形態の多様化により資産の保有や利用状況の把握、ライセンス管理方法が複雑化してきています。知らない間にライセンスコンプライ…

SS1オンラインセミナー 【ディー・オー・エス】  

開催日 10月14日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

株式会社ディー・オー・エスでは、IT資産管理ソフト「System Support best1(SS1)」を用いた、IT資産管理/情報漏洩対策の課題解決をテーマと…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

資産管理ツール/同期に悩む!資産管理ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理ツール/同期に悩む!資産管理ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001303


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ