この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「UNIXサーバー 掲載日:2005/08/22

UNIXサーバー



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
UNIXサーバーの基礎知識
2
ハイエンドマシンとしてのUNIXサーバー最新機能
1
UNIXサーバーの選び方
2
製品カタログ
1
マーケット情報
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 ガートナー ジャパン株式会社では、全世界で1,000人を超えるアナリストとコンサルタントが、広範なIT市場を対象に、テクノロジー、製品、サービスに関する多角的な調査・分析・予測を行い、世界中で10,000社を超える企業にアドバイスを提供している。今回はこうした活動の中で得られた貴重な情報源の中から、同社バイスプレジデント 亦賀忠明氏に、UNIXサーバー市場について参考になる情報をお聞きした。 UNIXサーバー

1 

マーケット情報


 ガートナーによると、2004年の国内サーバー出荷台数は前年同期比15.2%増の50万8115台、出荷金額は2.3%減の6127億円となり、出荷台数で初めて50万台を突破した。このうちUNIXサーバーについてはローエンドとミッドレンジが減少し、全体で出荷台数1.8%減、出荷金額13.3%減となった(図1参照)。


図1 国内サーバー市場の推移
図1 国内サーバー市場の推移
資料提供:ガートナージャパン

 また、Linuxサーバーは54.2%増の7万7290台となり、国内サーバー市場全体におけるLinuxのシェアは、2003年の11.4%から15.2%へと拡大した。
 一方、ハイエンドサーバーが成長している理由については、UNIXサーバーに加えてItaniumサーバーが貢献していることが挙げられる。つまり、サーバー市場はローエンドとハイエンドへの二極化が鮮明になりつつある。
 2005年の予測としてガートナーでは、2005年のサーバー台数成長率は、引き続き景気に連動する形で10%程度になると予想している。金額は、国産メインフレームの減少分をItaniumサーバーやUNIXサーバーといったハイエンドサーバーが吸収する形で、サーバー市場全体では2004年程度に落ち着くものとみている。
 出荷金額については、各国産ベンダーの基幹系Itaniumサーバーが大きな鍵を握ると予想している。2004年に発表および出荷が開始されたNECの NX7700iとTX7/i9000シリーズ、日立製作所のBladeSymphony、富士通のメインフレーム・クラスのIA/Linuxサーバーなどが、復活の兆しが見られるハイエンドサーバー市場をさらに強固なものにすることが考えられる。2005年は、こうした「新基幹系サーバー」製品が出そろう年となり、今後はIBM、HPといった外資系ベンダーを巻き込む形で、ハイエンドサーバーをめぐる競争は再び活発化することが予想されている。



1-1

UNIXサーバーの御三家はサン陣営、HP、IBM


 次に、UNIXサーバー市場に絞ってベンダー別出荷台数(2004年)を見てみると、図2のような状況になっている。主な顔ぶれはサン・マイクロシステムズと富士通、ヒューレット・パッカード、IBMである。金額ベースで見た場合は図3の通りの結果で、上位を占めるベンダーの顔ぶれは変わらない。ここで、富士通はサン・マイクロシステムズと同じ系列のプロセッサとOSを搭載したサン陣営であることから、サンと富士通を1つのグループと見なせば、UNIXサーバー市場は、サンが現在もトップの座を確保している。一方、金額ではHPが首位をキープしている。このように、台数と金額でトップが異なることには注意が必要だ。台数の割りに金額が低いベンダーは、主に低価格な領域で健闘しているベンダーである。逆に金額が多く台数が少ない場合は、これは主にハイエンドで強いことを意味している。


図2 2004年 国内UNIXサーバーシェア(出荷台数)
図2 2004年 国内UNIXサーバーシェア(出荷台数)
資料提供:ガートナージャパン

図3 2004年 国内UNIXサーバーシェア(売上高)
図3 2004年 国内UNIXサーバーシェア(売上高)
資料提供:ガートナージャパン

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

UNIXサーバー/やはり凄い!UNIXサーバー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバー」関連情報をランダムに表示しています。

UNIXサーバー」関連の製品

WebSAM JobCenter 【NEC】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】
統合運用管理 バックアップツール
ビジネス上必須となる定型業務を自動化するジョブ管理ソフトウェア。柔軟なジョブフロー定義により、運用スケジュールに沿ったジョブの自動実行と一元管理を実現する。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。

UNIXサーバー」関連の特集


クラウドなど昨今のITプラットフォームの大転換により、改めて価値が再認識されているBPM。そんな活性…



製品登場の背景から構造まで、ブレードサーバの基礎知識をまとめておさらい!導入のハードルが下がった製品…



前年同期比1.2%増の954億円規模となった2014年第2四半期(4月〜6月)の国内サーバ市場。シェ…


UNIXサーバー」関連のセミナー

【東京開催】SELinux 徹底攻略セミナー 【デージーネット】 締切間近 

開催日 12月19日(月)〜12月20日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 12万9600円(税込)

【東京開催】SELinux徹底攻略セミナー <内容>SELinuxは、安全にサーバを運用するためのOS標準の機能です。Linuxでシステムの設定が適切に行われ、…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UNIXサーバー/やはり凄い!UNIXサーバー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UNIXサーバー/やはり凄い!UNIXサーバー」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001284


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ