この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「統合運用管理ツール 掲載日:2005/08/08

総合運用管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
統合運用管理ツールを導入する意義
2
自律運用は本当にできるのか? 統合運用管理ツール最新動向
1
統合運用管理ツールの導入時のチェックポイント
2
統合運用管理ツール製品カタログ
1
アナリストに聞く「自律運用」の実態
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 ガートナーでは、全世界で1,000人を超えるアナリストとコンサルタントが、広範なIT市場を対象に、テクノロジー、製品、サービス、関連市場、関連企業およびユーザーなどに関する多角的な調査・分析・予測を行い、世界中で10,000社を超える企業にアドバイスを提供している。今回はこうした活動の中で得られた貴重な情報源の中から、ガートナージャパン株式会社エンタープライズ・インフラストラクチャ担当バイスプレジデント 亦賀 忠明氏に自律化の現状を伺い、Q&A形式で再構成した。 総合運用管理ツール

1 

アナリストに聞く「自律運用」の実態


Q1  システムの自律運用、あるいはオートノミックという言葉が、現在の統合運用管理ツールのトレンドを示すキーワードになっているように感じます。このキーワードの生い立ちとおよその意味を教えてください。

A1  自律運用やオートノミックというキーワードの台頭は、2001年にIBMが提唱したeLizaという人工知能を援用したサーバー開発コンセプトに端を発します。このコンセプトは、生態系に備わっている自律的な生命・健康維持の仕組みを情報システムにも応用できるのではないかというアイディアを提供したのです。しっぽを切られても再生できるトカゲがこのコンセプトの名前の由来になっていました。
 このコンセプトが、現在のIBMが提唱するオートノミック・コンピューティングにつながっています。私たちが病気になっても多くの場合は自然治癒するように、情報システムも免疫系に相当する自己修復機能などをもつことにより、トラブルが生じたら人手を借りずに自分で直すか、直せないまでも業務に影響が出ないように予備のマシンなどに自動的に切り替えて、システム停止といった深刻な問題を回避するようにできれば素晴らしいことです。加えて、キャパシティやパフォーマンスが限界に近づいたら、勝手に拡張や構成変更を行ってサービスレベルを維持するようなことまでできたら、それは運用管理者の長年の夢をかなえるものになるでしょう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

統合運用管理ツール/自律へ!統合運用管理ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

統合運用管理ツール」関連の特集


仮想化やクラウド利用の広がり、スマホやタブレットなどデバイスの多様化…。今、それぞれの環境と既存シス…



内部不正の調査を行うフォレンジック。新会社法やSOX法などに対する監査手段としても注目を集めているフ…



全社をあげてCO2削減に取り組む方針が決定!さて、あなたは何から始めますか?IT部門として考えたい、…


「統合運用管理」関連の製品

オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 プラットフォームの無停止を実現するための4つのステップ 【日本アイ・ビー・エム】 Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 【日本マイクロソフト】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 絶対止めてはいけないシステムを「Always-On」に移行する4ステップ Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合運用管理ツール/自律へ!統合運用管理ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合運用管理ツール/自律へ!統合運用管理ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001275


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ