この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「ERP 掲載日:2005/08/05

スグ解る!「中堅企業向けERP」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのは中堅企業向けERP。ERP(Enterprise Resource Planning)は大企業での導入が一段落したが、中堅企業では、これまでコストがネックとなって導入が進んでいなかった。それが最近、ERPベンダーが低価格で導入が容易なERPパッケージを製品ラインアップに追加するようになり、中堅企業でも無理なくERPを導入できる環境が整い始めている。 スグ解る!「中堅企業向けERP」

中堅企業向けERPって?

 まずERPとは、これまで別々のシステムで運用されていた会計、販売、生産といった基幹業務を統合し、全社的な経営資源の最適化を目指すソフトウエアのことだ。このERPは、従来は主に大企業が利用してきたが、最近は中堅企業をターゲットに従来のERPより、コストを抑えた製品が登場し始めている。さらに中堅企業向けERPは、単にコストを抑えているだけではなく、スムーズな導入を支援するサービスも提供され、短期間での導入が可能となっている。

中堅企業向けERPって?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/中堅企業向けERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

MicroStrategy 10 【マイクロストラテジー・ジャパン】 クラウド型ERPソリューションは、レガシーERPが抱える課題を解決するか? 【日本マイクロソフト】 プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 【日本オラクル】
BI ERP ERP
強力なエンタープライズ対応アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを統合プラットフォームでシームレスに提供するエンタープライズBIソリューション クラウド型ERPソリューションは、レガシーERPが抱える課題を解決するか? プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化

ERP」関連の特集


導入されていないオフィスはないほど、数多くの製品が導入・リースされている複合機。複合機にまつわる情報…



昨今の円高を背景に、海外進出を検討する企業が増えています。今回は企業の海外でのIT導入の現状や注意ポ…



競争優位実現のキーテクノロジとして注目されるRFID。今回は、RFIDの基礎をおさらいした上で導入事…


ERP」関連のセミナー

超寿命ERP「ProActive E2」 製品紹介セミナー 【SCSK】  

開催日 5月16日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ProActive E2 は、“ProActive”シリーズの発売開始から25年間で得た豊富な導入実績と業務ノウハウ、そして確かな技術を礎に生み出された、SCS…

原価管理ソリューションセミナー 【電通国際情報サービス】 締切間近 

開催日 4月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

■タイトル 『〜攻める原価管理システムは大規模ERPの外へ〜 AMMIC原価管理ソリューションのご紹介』■日程、会場 2018年 4月24日(火) 15:…

〜BPMとAI活用による業務の時短&自動化実践ご紹介〜 【内田洋行】  

開催日 5月18日(金),6月22日(金),7月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

経済状況やビジネス環境が急速に変化をしていく中で、企業には社員の働き方を変えることで労働生産性を高め、企業価値を向上させることが求められております。しかし、社内…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/中堅企業向けERP」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/中堅企業向けERP」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001272


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ