この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「文書管理ツール 掲載日:2005/07/19

文書管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:e-文書法 解説
1
文書管理ツールの位置づけ
2
文書管理ツールのおもな機能と各社の注目機能
3
運用事例
1
文書管理ツールの選び方
2
製品カタログ
1
e-文書法とは
2
e-文書法の要求ポイント
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 文書管理ツールを選択するときの注意事項と、製品カタログをお届けする。文書管理ツールは種類が非常に多い一方で、多機能化がかなり進んでいるので、製品選択に戸惑うケースも少なくない。ただ、共通して言えることは、e-文書法などの施行で文書の長期保存が求められているので、どの製品を選択するにしても製品の長期サポートと安定稼働(拡張性)が必要最低条件になることは間違いない。 文書管理ツール

1 

文書管理ツールの選び方



1-1

導入目的と現場の実情をチェック!


 基礎講座の冒頭で述べた通り、各社によって文書管理ツールの位置づけとアプローチには微妙な違いがあるので、最初に導入目的を明らかにすると同時に、実際に利用する現場の事情も把握しておく必要がある。例えば、情報共有が目的なのか、単に文書を公開したいだけなのか、ワークフローやILMも視野に入れているのか、さらには、文書管理ツールを利用する人たちの技量と利用方法(誰が何について全文検索したいのか、図面番号で検索したいのか、文書登録はエンドユーザーが自由に行えるのか、専任の文書管理者が必要になるのか)といったことも明確にしておきたい。
 ただし、導入目的や現場の実情をチェックするといっても、管理規模が大きくなればなるほど、どのような手順で現状分析して最終ゴールを見つけ出していけばよいか、社内に優秀なファイリングデザイナーでもいないかぎり、なかなか難しい。そんなときは、各ベンダーが提供するドキュメント関連サービスを利用しよう。例えば、富士ゼロックスの「エンタープライズ・ドキュメント・プロセス・アウトソーシング・サービス」では、顧客の業務を部分的に代行するスキャニングサービスや電子文書保管サービスなどの枠を超えて、スキャニング、属性付与、iDC(インターネットデータセンター)での電子文書保管といった各種サービス機能を統合的に利用することができ、パートナー企業間での新たな業務プロセスの創出や改善支援も行ってくれる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

文書管理ツール/e文書法と文書管理ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理ツール」関連の製品

ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】
文書管理
企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。

文書管理ツール」関連の特集


契約書作成にあたってはいまだ不安が拭えず、完全電子化に必要なコストにも課題があると考え、紙で管理して…



日々の業務で積み重なっていく書類。その中から必要な書類を探すことに一苦労…。こんな経験ありませんか?…



基幹システムやグループウェア、文書管理ツールのワークフロー機能とは一味違う、汎用ワークフローツールの…


「文書管理」関連の製品

文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 導入企業の社長が語る、契約関連業務の「クラウド化」がもたらした成果とは? 【ドキュサイン・ジャパン】
文書管理 文書管理 文書管理
文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 導入企業の社長が語る、契約関連業務の「クラウド化」がもたらした成果とは?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理ツール/e文書法と文書管理ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理ツール/e文書法と文書管理ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001258


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ