この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
製品のトレンドを学ぼう「PKI 掲載日:2005/07/11

PKI



1:基礎講座 2:選び方講座 3:最新動向
1
PKIの意義と仕組み
2
PKIの賢い使い方とメリット
1
自前で構築するPKIの利点と注意点
2
アウトソーシングして運用する場合の利点と注意点
3
製品カタログ
1
PKIの最新動向
 
INDEX


最新動向
製品のトレンドを学ぼう
最新動向

 日本とアジアでのPKIの利用状況や技術動向などについて多くのレポートを発行している日本PKIフォーラムに取材し、日本と周辺国のPKIの現在の状況や電子政府の推進状況などについて聞いた。その内容と提供資料をQ&A形式に再構成した。 PKI

1 

PKIの最新動向


Q1  PKIフォーラムはどのような活動をされているのですか?

A1  当フォーラムはアジア諸国・地域の協力のもとにアジア圏におけるPKIの実現とその普及促進を目的として設立されました。2001年からアジア等を中心に活動してきましたが今年度から軸足を日本に移し、日本PKIフォーラムとしてシームレスな電子政府とグローバルな電子商取引を実現するためのPKI実現を推進する活動をしています。


1-1

電子入札が最も利用されている


Q2  さまざまな調査などをされていますが、現在のPKIの普及状況はどのようにとらえておられますか。

A2  証明書の枚数がどれだけ使われているかが普及状況の答えになると思いますが、残念ながら統計的なデータは私たちも持っていないし、例えば総務省も公表していません。民間となると、セキュリティに関わるものだけに表に出さないほうがよいという意識もあります。 およその感触でいえば、建設分野の電子入札に限りますが、一番件数的には多いのがB to Gでしょうね。加えて、入札にPKIを用いたゼネコンが、下請け会社との契約においても、PKIを用いた電子契約を行っています。こうした関係で、近時、 B to Bの電子契約も伸びてきてますね。
 一番遅れているのがB to Cでの利用ですね。取り組みとしては医療関係の業務での実証実験などは行われています。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

PKI/「PKI」活用術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PKI」関連情報をランダムに表示しています。

PKI」関連の製品

手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 nShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】
認証 暗号化
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 鍵のライフサイクル管理と暗号処理。信頼の要となる鍵をソフトウエアから分離して強力に保護することが可能。HSMの導入、強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。

PKI」関連の特集


機能だけの○×評価では見えてこない「アイデンティティ管理ツール」選択の解。頭を悩ませがちな製品選定の…



営業秘密の漏洩経路…50.3%が“中途退職者”という事実。複雑化した「特権ID」、見て見ぬふりしてい…



 前回は、歴史をひも解きながら暗号の基礎を解説した。今回は、暗号の安全性について詳しく述べる。


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

PKI/「PKI」活用術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PKI/「PKI」活用術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001254


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ