この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「PKI 掲載日:2005/07/11

PKI



1:基礎講座 2:選び方講座 3:最新動向
1
PKIの意義と仕組み
2
PKIの賢い使い方とメリット
1
自前で構築するPKIの利点と注意点
2
アウトソーシングして運用する場合の利点と注意点
3
製品カタログ
1
PKIの最新動向
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 さまざまな応用領域をもつPKIだが、構築や運用にはノウハウが必要で、多くのユーザーが利用する場合の運用負荷も大きい。自社でPKIシステムを構築する場合も、アウトソーシングサービスを利用する場合のどちらでも、現在のところコストが小さいとは言えない。とはいえ、それは単にセキュリティ向上のためにかけるコストではなく、新サービス提供や新ビジネス開拓のための投資でもありうることは、基礎編で紹介したとおりだ。ここでは、どのようにPKI導入を図ればよいのか、自社構築・運用とアウトソーシングの場合について、利点と注意点を考えてみよう。 PKI

1 

自前で構築するPKIの利点と注意点


 PKIの利用範囲が自社内や密接な関係をもつパートナー企業などに限られる場合には、PKIツールを導入して自社で認証局を構築し、PKI運用を行うことが考えられる。その利点はおよそ次の2点となろう。


(1) 証明書の大量発行による相対的なコスト低減
証明書が大量に一括発行でき、1枚あたりのコストが低くなる可能性がある。
(2) フレキシブルな運用が可能
証明書が必要になったら、その都度即座に発行するといったスピーディな対応が行えるほか、アプリケーションに応じたセキュリティレベルを自由に設定できるなど、自社のポリシーに基づく自由度の高い運用が可能。


1-1

ツール導入は容易でも、CP/CRS策定に時間がかかる


 一方、ツールの導入は、「およそ2日で稼働する」とベンダーが言うほど容易のようだが、実はその前の認証ポリシー(Certificate Policy:CP)と、認証局運用規程(Certification Practice Statement)の策定に時間と労力がかかり、また導入後の運用負荷も軽視できない。認証局の要件についてはIETFによるRFCはあるが、それはあくまで基準として利用し、自社独自のポリシーを運用できる体制を作るのに数ヶ月はかかるという。もっとも自社に最適な運用ができなければ自社構築の意味はないのでこれは致し方ないところだろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

PKI/「PKI」活用術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PKI」関連情報をランダムに表示しています。

PKI」関連の製品

国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 【アドビ システムズ】 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 【アドビ システムズ】 Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】
PKI PKI 暗号化
国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。

PKI」関連の特集


無線LANの利便性は個人用途での普及によって既に認知されていますが、企業への適用には、より強固なセキ…



金融業を中心に市場が形成された特権ユーザ管理ツール。内部統制を契機に、上場企業で需要が広がる同市場の…



進化を遂げる認証技術。まばたきなど新たな生体情報やフィッシング対策用の新証明書など、認証最新動向に注…


PKI」関連のセミナー

「テレワーク運用の実際」成功させるカギはセキュリティ 【主催:ソリトンシステムズ/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 10月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【働き方改革を進める中で、求められるテレワーク】働き方改革を進める中で、テレワークは必須の要件です。しかし、業務情報の漏洩リスクへの対策なくして、テレワークの導…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

PKI/「PKI」活用術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PKI/「PKI」活用術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30001253


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ