この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「PKI 掲載日:2005/07/11

PKI



1:基礎講座 2:選び方講座 3:最新動向
1
PKIの意義と仕組み
2
PKIの賢い使い方とメリット
1
自前で構築するPKIの利点と注意点
2
アウトソーシングして運用する場合の利点と注意点
3
製品カタログ
1
PKIの最新動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 通信のインフラとしてもはや無くてはならないものとなったPKI。より強固な情報セキュリティが求められるこれからのビジネスにおいては、インターネット上での利用に限らずさまざまな場面でPKI技術が関わることは間違いない。一般ユーザーであれ、他の専門技術者であれ、PKIの理解と応用についての知識はますます重要になるだろう。ここでは、改めてPKIの意義と仕組みを確認するとともに、企業でのさまざまな活用法について紹介していく。 PKI

1 

PKIの意義と仕組み


 インターネットはかつて、無法地帯と言われるほど危険な世界だった。しかし現在では、誰もが平気で商取引や情報交換の場として利用し、さまざまな企業活動がインターネット上で行われている。インターネットの基本的な性格は変わっていない。そこに内在する多くの脅威を跳ね除ける防衛技術の向上が、危険な道具を便利で安心できる道具に変えたのだ。その防衛技術の1つがPKI(Public Key Infrastructure:公開鍵暗号基盤)である。



1-1

ネットワーク上の脅威に対抗するPKI


 ネットワークを介した通信で、現実世界での商取引や情報交換と同じような安全性を求めるとき、ネットワークに内在する盗聴、成りすまし、データの改ざんなどの脅威に対抗し、また通信の事実の事後否認を許さない仕組みが求められる。
 PKI(Public Key Infrastructure:公開鍵暗号基盤)はこれらの危険を排除することができる優れた技術といえる。PKIの武器は、(1)は暗号化、(2)相手(本人)認証、(3)電子署名である。
 暗号化について本稿では触れないが、PKIは「公開鍵」でデータを暗号化し、「秘密鍵」で復号化するという鍵ペアによる暗号方式をとる。相手認証や電子署名は、この特殊な「鍵」のしくみを利用したものだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

PKI/「PKI」活用術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PKI」関連情報をランダムに表示しています。

PKI」関連の製品

プライベートCA Gleas 【JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ】 nShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 電子証明書発行サービス Entrust Cloud 【エントラストジャパン】
認証 暗号化 認証
クライアント証明書による認証強化を容易に実現するための認証局製品。電子証明書の管理を高い操作性で実現できる。AppleのMDMやUSBトークンにも対応。 鍵のライフサイクル管理と暗号処理。信頼の要となる鍵をソフトウエアから分離して強力に保護することが可能。HSMの導入、強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 PKIの提唱者であり、政府機関などに多くの採用実績を誇るEntrustによる電子証明書発行サービス。多彩なラインナップと、運用管理を効率化する各種サービスを提供。

PKI」関連の特集


受付を無人化することでコスト削減の目的を果たす「無人受付システム」。時代とともに進化する同製品の最新…



1回のID/パスワード入力で、複数のアプリケーションを利用できるシングルサインオン。今回は、その仕組…



 前回は、ソニー関連会社での個人情報漏洩事件からID管理が信頼関係の管理であること、この事件によって…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

PKI/「PKI」活用術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PKI/「PKI」活用術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001252


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ