この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「複合機 掲載日:2005/04/18

複合機



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
複合機で考えるセキュリティ対策
2
複合機が持つセキュリティ機能
1
複合機を選ぶポイント
2
モノクロ・カラー複合機製品カタログ
1
売れてる複合機は?複合機シェア情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 一般的なオフィス環境に数多く導入されている複合機。内部にハードディスクも搭載され、WebブラウジングやJavaアプリケーションも動作するほど高機能化が進んでいる。単なるコピーやFAX・プリンタ機能にとどまらないネットワーク端末としての複合機だからこそ、使い方によってはセキュリティ対策をしっかりと考えておかないといけない。今回は、そんな複合機の持つセキュリティ機能に着目して、詳しく機能を見ていこう。 複合機

1 

複合機で考えるセキュリティ対策


 多くの企業で数多く導入されている複合機。この複合機における最新機能とともに、セキュリティに関するリスクを見ておきたい。



1-1

いまどきの複合機事情


 おそらく複合機と聞いてどんな製品かイメージできない人はいないだろう。コピーやプリンタ、FAX、スキャナが一体となった製品で、オフィスにおけるドキュメント出力の基本となっている製品だ。しかし、この複合機は、もはや単なるドキュメント出力製品ではない。新しい製品は、複合機内部にハードディスクを持ち、その中でデータを蓄えることで自分だけのディスク領域を確保できるようになっている。そのため、パソコンがなくても複合機の中にデータをためておけば、いつでもドキュメントを出力することができるようになっている。また、複合機そのものの液晶から、インターネットに繋ぐことも可能だ。この場合、社内のイントラネットへのアクセスを意図した機能であることが多く、複合機の前でネットサーフィンをするような使い方は想定されていない。さらに、各種ERPなどのデータとアプリケーション連携することができるようになっている。もはや、業務端末の1つとして考えても差し支えない程度にまで製品が成熟しているのだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

複合機/情報漏洩リスクを知る!複合機」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「複合機」関連情報をランダムに表示しています。

複合機」関連の製品

文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 システム連携自動FAX対応 FAXサーバソフト「まいと〜く Center」 【インターコム】 印刷イメージログ監視システム 「PrintInsight」 【ギガ+他】
文書管理 FAXサービス 統合ログ管理
簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 累計導入社数1万2000社のロングセラーFAXサーバシリーズの最上位版。最大72回線までの拡張が可能で、充実したシステム連携機能を装備。簡単操作のWebクライアントも搭載。 印刷された文書の情報をすべて取得、保管し、その情報を把握・分析することで、印刷物からの情報漏洩を効果的に抑止する、紙媒体に特化したセキュリティソリューション。

複合機」関連の特集


2015年は前年比1.2%増の73万7000台だったレーザーMFP市場。カラーレーザーMFPは増加す…



2016年第1四半期は、前年同期比5.9%減だったインクジェットプリンタ市場。44.6%のシェア率を…



安いものは2万円台!ビジネス向けインクジェット複合機はどんなシーンで使えるのか?気になるインクジェッ…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

複合機/情報漏洩リスクを知る!複合機」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「複合機/情報漏洩リスクを知る!複合機」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001221


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ