この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「ビデオ会議システム 掲載日:2005/03/22

ビデオ会議システム



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
ビデオ会議を取り巻く環境と導入メリット
2
ビデオ会議システムの種類と基本機能
1
ビデオ会議システム導入の注意ポイント
2
ビデオ会議システム製品カタログ
1
専用端末シェア情報
2
Webカンファレンス製品シェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 企業における活用が今後も期待されているビデオ会議システム。ここでは、専用端末とWebカンファレンス製品に分けて、それぞれのシェアを見ていこう。特にWebカンファレンス製品はPCベースの製品であり、今後もさまざまなベンダーから製品が出てくると思われる。シェア上位以外の新興ベンダーの動きにも今後はご注目いただきたい。 ビデオ会議システム

1 

専用端末シェア情報


 ビデオ会議システムは、企業内におけるコスト削減、ネットワークインフラの整備による経営効率の向上といったトレンドを受け、2002年から2003年に市場を拡大させた。その後も製品の低価格化・小型化の進行によって導入への敷居は更に低くなっている。
 一方のWebカンファレンス製品は、ソフトウエアベースであることからデスクトップPCから利用できることに加え、優れたデータ共有機能などが評価されており、ブロードバンド環境の定着を追い風に市場を順調に拡大させている。

 現在導入されているビデオ会議システムの償却が2〜3年後に終了することから、それに向けてビデオ会議システム、Webカンファレンス製品やWebカンファレンスASPサービスの競争が激化することが予想される。

 なお、本調査ではWebカンファレンス製品のシェアは導入事業所数をベースに把握している点に注意されたい。



1-1

ビデオ会議システム シェア情報


企業名 サービス名 数量シェア 金額シェア
2003年実績
2003年実績
ポリコム VSX3000、7000、8000
52.6%
56.9%
ソニー PCS-11
29.6%
21.6%
タンバーグ TANDBERG880MXP、8000MXP
11.1%
13.7%
NECエンジニアリング VisuaLinkシリーズ、MEDIAPOINT IPシリーズ
4.4%
3.9%
その他
2.3%
3.9%
※表、グラフ中のシェアの数値は、小数点第2位以下を四捨五入

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビデオ会議システム」関連情報をランダムに表示しています。

ビデオ会議システム」関連の製品

遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 フリーアドレスでもビデオ会議を オフィス移転で新たに生まれる要望と対策とは 【ポリコムジャパン】 シスコビデオ会議ソリューション 【エイチ・シー・ネットワークス】
Web会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 従業員増員や生産性向上などの理由からオフィス移転を検討する企業は、それをきっかけに社内外のコミュニケーション強化に注力すべきだ。 シスコのビデオ会議に関するソリューションを提供。

ビデオ会議システム」関連の特集


在宅勤務を実現する1システムとしての需要も増加している「Web会議」。注目機能、ロボット活用したシス…



スイッチ製品「Cisco Catalystシリーズ」を5万円台で投入したシスコシステムズの「Cisc…



アドレス変換の仕組みと、それを応用した資産管理ツールを解説!資格試験で腕試しもできる、新人必見のビギ…


「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

フリーアドレスでもビデオ会議を オフィス移転で新たに生まれる要望と対策とは 【ポリコムジャパン】 ケーススタディーで探る最新ビデオ会議の「価値」とは 【ポリコムジャパン】 鹿島建設が取り組むIT化と土木・建築の“現場”改革 【シスコシステムズ合同会社】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
従業員増員や生産性向上などの理由からオフィス移転を検討する企業は、それをきっかけに社内外のコミュニケーション強化に注力すべきだ。 PCやタブレットで簡単に使えるビデオ会議が広く普及し、外出先や在宅での勤務(テレワーク)が身近になりつつある。その中で企業が考えるべきビデオ会議とは何か。 鹿島建設が取り組むIT化と土木・建築の“現場”改革

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001185


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ