この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「ビデオ会議システム 掲載日:2005/03/22

ビデオ会議システム



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
ビデオ会議を取り巻く環境と導入メリット
2
ビデオ会議システムの種類と基本機能
1
ビデオ会議システム導入の注意ポイント
2
ビデオ会議システム製品カタログ
1
専用端末シェア情報
2
Webカンファレンス製品シェア情報
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 遠隔地とコミュニケーションを円滑に図るためのビデオ会議システム。標準化がある程度進み、多くの企業で活用が進んでいる。これから導入を検討している企業に向けて、ビデオ会議システムを導入するときに見ておきたいポイントを詳しく見ていこう。製品カタログでは、方式別にわけて製品を紹介していく。すでに導入している企業の方で多地点接続を考えているのであれば、MCUの製品を見てもらいたい。 ビデオ会議システム

1 

ビデオ会議システム導入の注意ポイント



1-1

操作性のいい製品を選ぶ


 多くのIT製品でいわれていることだが、ビデオ会議システムの場合も同様で、操作性の優れた製品を選んでいく必要がある。特に、運用段階になるとITに詳しくない一般社員が活用する機会が多くなるため、複雑な操作をしないと接続できないような製品では、企業の文化として根付いていかないことにもなりかねない。導入する前には、しっかり利用者に操作してもらい、使いやすい製品を選んでいく必要がある。導入以降誰も使わなくなって、埃をかぶるようなものにしないためにも、操作性はしっかり検証しておこう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビデオ会議システム」関連情報をランダムに表示しています。

ビデオ会議システム」関連の製品

Skype for Businessと既存のビデオ会議端末を連携、共同作業の効果を高める秘訣 【ポリコムジャパン】 ポリコムHDビデオ会議ソリューション 【エイチ・シー・ネットワークス】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 Web会議
Skype for Businessと既存のビデオ会議端末を連携、共同作業の効果を高める秘訣 HDビデオ会議システムと、多地点会議管理アプライアンスConference@Adapter(R)(カンファレンス・アダプタ)により、ビデオ会議の運営管理を容易にするソリューション。 高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。

ビデオ会議システム」関連の特集


拠点数多い企業では、各拠点の関係者が集まって会議を開くことも多いはず。しかし会議のたびに集まっていた…



何気なく使っているブラウザは、どんな通信によりネットサーフィンを実現している?実は要注意の「クッキー…



単なる“切り替え機”だけだと思っていませんか?今回は工夫次第で広がるKVMスイッチの具体的な“活用シ…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビデオ会議システム/ビデオ会議システム」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001184


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ