この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「資産管理 掲載日:2005/06/20

資産管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:運用講座
1
資産管理ツールを使うワケ
2
資産管理ツールの運用/管理
1
資産管理ツールのチェックポイント
2
資産管理ツール製品カタログ
1
ソフトウエア資産管理の管理基準・評価規準と成熟度モデル
2
管理基準・評価規準/成熟度モデルの活用
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 膨大な台数のクライアントPCやそのPCにインストールされた各種ソフトといった社内のIT資産を一元的に管理できる資産管理ツール。これまで資産管理ツールは、このIT資産管理の効率化による人件費の削減などのメリットが注目されてきた。それが、最近は個人情報保護法の施行に伴い、コンプライアンス/セキュリティ確保という目的も加わり、導入が加速している。そこで今回は、こうした資産管理ツールの最新動向を踏まえながら、実際に資産管理ツールを利用するに当たっての便利な機能などを紹介していこう。 資産管理ツール

1 

資産管理ツールを使うワケ


 先ずは、資産管理ツールがどのようなメリットをもたらすのかということを説明しよう。



1-1

資産管理ツールによるコスト削減


【人手による管理の限界】

 資産管理ツールとは、PCやサーバーといったハードウエア、さらにそのハードウエアにインストールされた各種アプリケーション、OSなどの稼働状況や利用状況に関する情報を取得して、IT資産の効率的な管理を実現するソフトウエアのことだ。資産管理ツールを導入することで、IT部門の担当者がコンピュータが設置されている場所に赴いて1台1台チェックしていた資産管理業務を、コンソール上から一括で行なうことが可能になる。


図1 資産管理ツールのシステム構成例
図1 資産管理ツールのシステム構成例
(資料提供:LANDesk Software)

 ただし、この点だけ見ると資産管理ツールは、担当者の作業負荷は減るが、経営層を始めとする他の人々には、その導入効果が理解されにくい。極端に言えばIT担当者以外の人々にとって資産管理ツールは、「IT担当者が楽をするためのもの」と考えられてしまう恐れがある。しかしPCがある程度の台数を超えれば、限られた人員でその状況を漏れなく把握し、管理するには限界がある。
 また、ソフトウエアの管理となれば、さらに複雑だ。物理な形を持たないソフトウエアは、どのPCにインストールされているか、あるいはそれぞれのPCに業務とは関係ないソフトがインストールされていないかということを把握するだけでも一仕事だ。また、不正コピーが存在していないか、必要以上にライセンスを購入しすぎてはいないかといったライセンス管理も不可欠だ。さらにバージョンアップやパッチの適用状況にも配慮しなければならない。このようにIT資産の中でもソフトウエアには、特有の管理の難しさがある。


【資産の最適化でコスト削減】

 しかし前述のように、IT部門の担当者以外からは資産管理ツールの導入効果が見えにくい。その1つの原因は、日本の企業の多くが、IT部門の担当者が実施する管理作業に関わる時間をコストと見なさない傾向があるためだと考えられる。
 本来IT部門は、自社の経営に対して、どのようにITを適用し、活用していくのかといったIT戦略の立案/実行が主たる業務であるべきだ。それが実際には、パッチの適用やアプリケーションのインストールといった雑務に追われるというケースも少なくないだろう。これによって、経営戦略の立案などに割くべき本来の業務の時間が少なくなってしまう。
 IT部門の担当者の作業時間をコストと捉えれば、こうした雑務よりも経営戦略に関わる業務に時間を割ける方が、より大きな見返りがあるのは明白だ。そこで、IT部門の担当者の雑務に関わる時間を短縮し、本来の業務に集中できる時間を作り出すために、資産管理ツールは強力な武器となるのだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

資産管理/今度こそ本気で資産管理!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理」関連の製品

NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】 銀行法改正で金融のAPI活用は加速必至、他業種も“待ったなし”の理由は 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 ProPlus固定資産システム 【プロシップ】
検疫 開発ツール 会計システム
不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)
銀行法改正で金融のAPI活用は加速必至、他業種も“待ったなし”の理由は 固定資産システム 海外展開事例:グローバルで管理を一元化できた秘訣

資産管理」関連の特集


 前回は、自社のセキュリティポリシー作りに役立つ「第三者認証」について紹介しました。今回からは、cl…



2015年以降、強制適用の可能性が高まってきた国際会計基準(IFRS)の基礎解説と、情シスが対応すべ…



ウイルスの影響で抜本的な見直しを迫られるクライアント管理。今回はその考え方をイチから整理した上でブレ…


資産管理」関連のセミナー

System Support Day 2017 【ディー・オー・エス】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃の脅威や、内部不正による情報漏洩などが社会問題となる昨今、あらゆるセキュリティ対策の基盤となるIT資産管理は、ますます重要性を増しています。また、ソフ…

CylancePROTECT ご紹介セミナー 【日立ソリューションズ】  

開催日 7月26日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

 増え続けるサイバー攻撃。特にマルウェアによる攻撃は増加の一途をたどっています。 また攻撃手法も巧妙化が進み、新種や亜種も続々と現れています。ネットワークセキュ…

データ消去ソフト USBディスクシュレッダー 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 6月28日(水),7月12日(水),7月26日(水),8月23日(水),8月30日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「USBディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたし…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

資産管理/今度こそ本気で資産管理!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理/今度こそ本気で資産管理!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001163


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ