この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「資産管理 掲載日:2005/06/20

資産管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:運用講座
1
資産管理ツールを使うワケ
2
資産管理ツールの運用/管理
1
資産管理ツールのチェックポイント
2
資産管理ツール製品カタログ
1
ソフトウエア資産管理の管理基準・評価規準と成熟度モデル
2
管理基準・評価規準/成熟度モデルの活用
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 膨大な台数のクライアントPCやそのPCにインストールされた各種ソフトといった社内のIT資産を一元的に管理できる資産管理ツール。これまで資産管理ツールは、このIT資産管理の効率化による人件費の削減などのメリットが注目されてきた。それが、最近は個人情報保護法の施行に伴い、コンプライアンス/セキュリティ確保という目的も加わり、導入が加速している。そこで今回は、こうした資産管理ツールの最新動向を踏まえながら、実際に資産管理ツールを利用するに当たっての便利な機能などを紹介していこう。 資産管理ツール

1 

資産管理ツールを使うワケ


 先ずは、資産管理ツールがどのようなメリットをもたらすのかということを説明しよう。



1-1

資産管理ツールによるコスト削減


【人手による管理の限界】

 資産管理ツールとは、PCやサーバーといったハードウエア、さらにそのハードウエアにインストールされた各種アプリケーション、OSなどの稼働状況や利用状況に関する情報を取得して、IT資産の効率的な管理を実現するソフトウエアのことだ。資産管理ツールを導入することで、IT部門の担当者がコンピュータが設置されている場所に赴いて1台1台チェックしていた資産管理業務を、コンソール上から一括で行なうことが可能になる。


図1 資産管理ツールのシステム構成例
図1 資産管理ツールのシステム構成例
(資料提供:LANDesk Software)

 ただし、この点だけ見ると資産管理ツールは、担当者の作業負荷は減るが、経営層を始めとする他の人々には、その導入効果が理解されにくい。極端に言えばIT担当者以外の人々にとって資産管理ツールは、「IT担当者が楽をするためのもの」と考えられてしまう恐れがある。しかしPCがある程度の台数を超えれば、限られた人員でその状況を漏れなく把握し、管理するには限界がある。
 また、ソフトウエアの管理となれば、さらに複雑だ。物理な形を持たないソフトウエアは、どのPCにインストールされているか、あるいはそれぞれのPCに業務とは関係ないソフトがインストールされていないかということを把握するだけでも一仕事だ。また、不正コピーが存在していないか、必要以上にライセンスを購入しすぎてはいないかといったライセンス管理も不可欠だ。さらにバージョンアップやパッチの適用状況にも配慮しなければならない。このようにIT資産の中でもソフトウエアには、特有の管理の難しさがある。


【資産の最適化でコスト削減】

 しかし前述のように、IT部門の担当者以外からは資産管理ツールの導入効果が見えにくい。その1つの原因は、日本の企業の多くが、IT部門の担当者が実施する管理作業に関わる時間をコストと見なさない傾向があるためだと考えられる。
 本来IT部門は、自社の経営に対して、どのようにITを適用し、活用していくのかといったIT戦略の立案/実行が主たる業務であるべきだ。それが実際には、パッチの適用やアプリケーションのインストールといった雑務に追われるというケースも少なくないだろう。これによって、経営戦略の立案などに割くべき本来の業務の時間が少なくなってしまう。
 IT部門の担当者の作業時間をコストと捉えれば、こうした雑務よりも経営戦略に関わる業務に時間を割ける方が、より大きな見返りがあるのは明白だ。そこで、IT部門の担当者の雑務に関わる時間を短縮し、本来の業務に集中できる時間を作り出すために、資産管理ツールは強力な武器となるのだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

資産管理/今度こそ本気で資産管理!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理」関連の製品

情報漏えい対策+資産管理ツール MaLionCloud 【インターコム】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
情報漏えい対策とIT資産管理・SAM、働き方改革支援まで網羅したクラウド型PC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した製品づくりが特長。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

資産管理」関連の特集


発覚すれば莫大な損害賠償や厳しい刑事罰が下ることもあるソフトウェアの不正利用。その現状を統計で確認し…



企業で導入が進むIP電話システム。上位の仕組みに注目しがちだが、忘れてはならないのが、利便性を考慮し…



誰だって「監視されたくない」現実。でも情報漏洩対策としては、とても有効なこのツール。ユーザ側と運用管…


資産管理」関連のセミナー

売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー 【サイバネットシステム】  

開催日 6月21日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

IT資産管理ツールの導入担当者様に向けに、選定時に必ず比較対象となる売れ筋IT資産管理ツールの紹介セミナーを開催いたします。それぞれの特長や機能を比較いただきな…

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 5月11日(金),8月6日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

【東京】ZeeM 固定資産管理のご紹介 【クレオ】  

開催日 6月26日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【東京】ZeeM 固定資産管理のご紹介〜IFRS対策や物品管理の一元化、予算作成のためのシミュレーションまで〜IFRS対応などを機に、固定資産管理のあり方を見直…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

資産管理/今度こそ本気で資産管理!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理/今度こそ本気で資産管理!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001163


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ