電線ネットってなんだ?…コンセントに挿すだけで!


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2005/06/08
 電線ネットってなんだ?!

 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
 今回のテーマは「電線ネット」。自分の部屋の電源コンセントから手軽にインターネットに高速アクセスできる技術。電波法の規制緩和次第では、瞬く間に普及するかもしれない注目株です。
電線ネットイメージ


電線ネットとは
 インターネットのブロードバンド化を進めていく上での大きな障害の1つに「ラストワンマイル(もしくはファーストワンマイル)」問題がある。これはインターネットのバックボーン(ISPや電話局間の通信)の高速化が進んでも、オフィスや家庭に届く「最後の1マイル(ユーザー側から見れば最初の1マイル)」がなかなか高速化できないという問題のこと。例えば、全国規模で光ファイバを個人の各部屋まで配線していくには膨大なコストと時間がかかってしまう。
 そこで、もっと低コストで手軽にラストワンマイルのブロードバンド化を進めていきたいというニーズから、既存の配線網に注目が集まった。ADSLはその1つで、既存の配線網として電話線を利用しているが、全国の各家庭に配線されているのは電話線だけではない。電灯線もまた然りである。いや、電話線以上に各部屋すべてに張り巡らされているのは電灯線であり、これをラストワンマイルとして使えれば非常に便利であることは間違いない。そこで、電灯線を使ってブロードバンドを実現しようという技術の開発がスタートした。これが電線ネットである。

 国内では、電線ネットは、電力線通信、電力線搬送通信、PLC(Power Line Communication)とも呼ばれていて、最近、開発が進んでいる高速の電線ネットは従来の技術と区別するために高速電力線通信と呼ばれている。また、海外ではDPL(Digital Power Line)やBPL(Broadband over Power Line)という言葉が使われている。
 つまり、電線ネットとは「商用の電力線(100〜120V/200〜240V)に高周波信号を重畳し、電力線を伝送路として双方向通信を行う方式」のこと。実際の電線ネットの実現形態には、変電所から電線ネットを利用する「アクセスPLC」と、建物のすぐ外までは光ファイバを利用する「宅内PLC」(図1参照)の2種類がある。日本国内では宅内PLCがまず普及すると見られている。

図1 宅内PLC
図1 宅内PLC
(資料提供:住友電気工業)

 電灯線には、関東では50Hz、関西では60Hzという周波数の電気が流れているが、インターネットで送受信される電気信号は、これに比べるとはるかに小さくて速い周波数が使われているので、この2つの電気信号を同じ電灯線上に流してもお互い混ざり合うことはない。そこで、図1に示すように、ビルや家のすぐ外までは光ファイバなどの高速回線でインターネットを導き、家の中ではすでに配線済みの電灯線をネットワーク回線として利用すれば、電源コンセントからインターネットにアクセスできるようになる。現在、すでに200Mbps(ベストエフォート)の高速通信が可能で、リピータ(信号を増幅するための中継機)なしで数百mまで通信できる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2  
●A賞:抽選で1名様
 アイロボット ロボット掃除機 ルンバ875A 
●C賞:抽選で1名様
 ケルヒャー高圧洗浄機 K 2 クラシック プラス 
●D賞:抽選で1名様
 選べる宿泊ギフト(とっておきの宿)30500円コースで選べる魅力的な温泉宿 
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

電線ネット/電線ネットってなんだ?…コンセントに挿すだけで!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電線ネット」関連情報をランダムに表示しています。

電線ネット」関連の特集


充電の所要時間は30秒!かつ従来の電池の10倍の出力を持つ「有機ラジカル電池」。携帯などのモバイルグ…



公衆無線LANの普及と共に、悪魔の双子「Evil Twin」の脅威が囁かれています。どの街にも出現す…



今回から3回連続で5分番外編「愛・地球博ルポ」をお届けします!1つ目のテーマは「リニモ」。国内初の磁…


「その他通信サービス関連」関連の製品

J-ALERT対応一体型受信機 「JARS-2000」 【センチュリー・システムズ】
その他通信サービス関連
全国瞬時警報システム(Jアラート)に対応する衛星受信モデム/解析処理/アプリケーション一体型の受信装置。2016年度に消防庁が公表した要件を満たしている。

「その他通信サービス関連」関連の特集


現在ソフトバンクが2008年春のサービス開始を目指し、実証実験中!基地局をオフィスや自宅に設置すると…



遠隔地同士で人間活動や環境を再現する臨場感研究の一つ「温熱感覚通信」。ITにぬくもりを持ち込む新たな…



携帯電話でおなじみの技術「CDMA」を光通信で行うと…家庭でも10Gbpsの通信が可能になる!?その…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

電線ネット/電線ネットってなんだ?…コンセントに挿すだけで!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「電線ネット/電線ネットってなんだ?…コンセントに挿すだけで!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001157


IT・IT製品TOP > 通信サービス > その他通信サービス関連 > その他通信サービス関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ