この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「BIツール 掲載日:2005/06/06

BIツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
BIとは何か
2
BIを使いこなす3つの秘訣
1
EBIツール選択の考え方
2
製品カタログ
1
BIツール市場動向
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 5〜6年前に最初の「ブーム」を迎えたBIは、IT投資の冷え込みにより一時的に退潮したものの、専門ベンダーの統合や、システムベンダー、アプリケーションベンダーのBI領域への進出を機に、再び勢いを増すのではないかとの期待感を持つベンダーの声を聞いた。実際にBI市場は現在どのようになっているのか、また今後の成長はどう見込まれるのか、さらにこれからBIを活用していくためにはどのような策があるのかを、ガートナー ジャパンの主席アナリスト堀内氏に伺った。 BIツール

1 

BIツール市場動向


Q1  現在のBI市場の規模と、今後の成長の見込みをお聞かせください。

A1  2003年の国内BIソフトウエア市場は、金額として138億円でした。これは前年比6.9%の伸びとなっています。2004年7月の予測では、下図のような成長を見込んでいます。2008年国内BIソフトウエア市場規模は173億円となる見込みです。2004年から2008年の平均成長率は4.6%という予測です。

 もともとアプリケーションの一機能として導入が進んだBIですが、ITバブル崩壊直後に市場規模が若干縮小しましたが、すぐに盛り返しています。何かのシステムのための分析機能としてBIが使われていますから、IT投資が回復すればBIも成長していくはずです。BIの普及率は日本で20%に満たない状況ですから、この数字からも今後伸びる可能性が見てとれます。
 また昨今では、主要BIベンダーであるハイペリオン社によるBrio社の合併、ビジネスオブジェクツ社によるCrystal社の合併が続きました。それによる新たな製品体系が注目されます。また主要なデータベースベンダーがBI機能を強化する一方で、ERPベンダーやCRMベンダーなども自社製品にBI 機能を付加しています。加えて中堅企業でも導入が容易な簡易な集計、レポート機能をもつ製品が好調です。さらに、CPM(Corporate Performance Management)やBAM(Business Activity Monitoring)といった次期のビジョンがクローズアップされてきました。当面は景気回復に伴うアプリケーション開発投資の増加に合わせてBI市場は拡大していくでしょう。
図1 国内BIソフトウエア市場概況
図1 国内BIソフトウエア市場概況
出典:ガートナー データクエスト(2004年7月)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BIツール/成功者が語らない!BIツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BIツール」関連情報をランダムに表示しています。

BIツール」関連の製品

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】
BI ERP BI
“かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。

BIツール」関連の特集


2006年度出荷金額は前年比8%増の59.1億円、2007年度は前年比10.5%増と予測される帳票運…



新たなビジネステクノロジーの1要素としてとらえるべきなのか、企業全体に及ぶ変革なのか。日本企業のIT…



今回はどこの会社でも利用されている“財務会計システム”に焦点をあて、クラウド化を想定してお話したいと…


BIツール」関連のセミナー

BIツールを活用!「DragonFly BI」使い方 無料セミナー 【グレープシティ】  

開催日 3月17日(金),4月21日(金)   開催地 埼玉県   参加費 無料

セルフサービスBIツール「DragonFly BI(ドラゴンフライ ビーアイ)」はシンプルな操作と機能で、Excel感覚で利用できます。 本セミナーでは実際に、…

【東京】現場で出来る人事データ活用術とは 【クレオマーケティング】  

開催日 2月21日(火),3月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【東京】「現場で出来る人事データ活用術」 ZeeM(ジーム)ならすぐに始められる! 人事部門の役割は、長時間労働対策、マイナンバー制度、ストレスチェック義務化と…

【大阪】ZeeM 会計 ご紹介セミナー 【クレオマーケティング】  

開催日 2月21日(火),3月21日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

【大阪】ZeeM 会計ご紹介セミナー お客様企業全体での業務の平準化と合理化を実現「ZeeM 会計」は、BIツールによる財務分析をはじめ、高度な管理会計業務を実…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BIツール/成功者が語らない!BIツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BIツール/成功者が語らない!BIツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001155


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ