この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「BIツール 掲載日:2005/06/06

BIツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
BIとは何か
2
BIを使いこなす3つの秘訣
1
EBIツール選択の考え方
2
製品カタログ
1
BIツール市場動向
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 5〜6年前に最初の「ブーム」を迎えたBIは、IT投資の冷え込みにより一時的に退潮したものの、専門ベンダーの統合や、システムベンダー、アプリケーションベンダーのBI領域への進出を機に、再び勢いを増すのではないかとの期待感を持つベンダーの声を聞いた。実際にBI市場は現在どのようになっているのか、また今後の成長はどう見込まれるのか、さらにこれからBIを活用していくためにはどのような策があるのかを、ガートナー ジャパンの主席アナリスト堀内氏に伺った。 BIツール

1 

BIツール市場動向


Q1  現在のBI市場の規模と、今後の成長の見込みをお聞かせください。

A1  2003年の国内BIソフトウエア市場は、金額として138億円でした。これは前年比6.9%の伸びとなっています。2004年7月の予測では、下図のような成長を見込んでいます。2008年国内BIソフトウエア市場規模は173億円となる見込みです。2004年から2008年の平均成長率は4.6%という予測です。

 もともとアプリケーションの一機能として導入が進んだBIですが、ITバブル崩壊直後に市場規模が若干縮小しましたが、すぐに盛り返しています。何かのシステムのための分析機能としてBIが使われていますから、IT投資が回復すればBIも成長していくはずです。BIの普及率は日本で20%に満たない状況ですから、この数字からも今後伸びる可能性が見てとれます。
 また昨今では、主要BIベンダーであるハイペリオン社によるBrio社の合併、ビジネスオブジェクツ社によるCrystal社の合併が続きました。それによる新たな製品体系が注目されます。また主要なデータベースベンダーがBI機能を強化する一方で、ERPベンダーやCRMベンダーなども自社製品にBI 機能を付加しています。加えて中堅企業でも導入が容易な簡易な集計、レポート機能をもつ製品が好調です。さらに、CPM(Corporate Performance Management)やBAM(Business Activity Monitoring)といった次期のビジョンがクローズアップされてきました。当面は景気回復に伴うアプリケーション開発投資の増加に合わせてBI市場は拡大していくでしょう。
図1 国内BIソフトウエア市場概況
図1 国内BIソフトウエア市場概況
出典:ガートナー データクエスト(2004年7月)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BIツール/成功者が語らない!BIツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BIツール」関連情報をランダムに表示しています。

BIツール」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
データベースソフト BI BI
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

BIツール」関連の特集


新たなビジネステクノロジーの1要素としてとらえるべきなのか、企業全体に及ぶ変革なのか。日本企業のIT…



お客様の声を積極的に営業活動に活かすには?いろんなツールをどう使 い分けるのか?コンサルに相談する前…



基幹システムやグループウェア、文書管理ツールのワークフロー機能とは一味違う、汎用ワークフローツールの…


BIツール」関連のセミナー

JBMIA文書管理システムセミナー2017 【ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)】 注目 

開催日 11月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

 日本政府は、働き方改革の実現に向け9つのテーマを掲げて対応策を打ち出しており、労働生産性向上やテレワークなど「柔軟な働きやすい環境整備」が注目を浴びています。…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 11月30日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

販売分析Dashboardで瞬時に判断! Qlik Sense無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 10月18日(水),11月15日(水),12月6日(水),12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

販売分析の目的は、現状を理解しその中で課題を見つけ対応することで、売上をアップすること。BIツールによる販売分析を行うことで、担当者の勘や経験に頼っていた部分を…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BIツール/成功者が語らない!BIツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BIツール/成功者が語らない!BIツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001155


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ