この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「バックアップテープ 掲載日:2005/05/30

バックアップテープ



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
バックアップテープの基礎と最新トレンド
2
バックアップテープ装置の基本と注目機能
1
バックアップテープ装置の選び方
2
製品カタログ
1
磁気テープメディアのシェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 企業におけるバックアップメディアの主役は、今もテープであることは基礎講座で触れた通りである。
 ここでは、各テープ規格別にそれぞれのシェアを見ていこう。特に今後が有望視されるLTOのシェア情報は是非ご一読いただきたい。
バックアップテープ

1 

磁気テープメディアのシェア情報


 磁気テープメディアにおけるローエンド製品に位置するDDSメディア市場は、ユーザーのミッドレンジ製品への移行を受け、縮小傾向での推移となっている。現在の主流となっているDDS-3、4、DAT72の各規格の中では、2003年から市場投入された DAT72が急伸している。

 LTO、DLT/SDLT、AITの各方式で形成されるミッドレンジ製品では、大手ドライブメーカー、プラットフォームメーカーが支持するLTOドライブが有望視されており、メディアメーカー各社も注力度を高めている。
 LTOメディア市場においては、2005年以降にLTO-2およびLTO-3規格が本格的に立ち上がるものと予想されており、ミッドレンジ市場を牽引していくことが期待されている。
 DLT/SDLTメディア市場ではDLT-3、4が主流から外れつつあり、DLT全体としては市場が縮小しつつある。また、AITメディア市場は独自規格としてドライブと共にメディアを供給するソニーの寡占市場となっている。

 大容量化を進めるディスクストレージシステムと競合しながらも、ディザスタ・リカバリを意識したデータバックアップ需要の拡大と、データ保存に関わる法規制の変化などを受け、テープドライブ・メディアへの需要は今後も根強いものと予想される。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップテープ/バックアップテープの実力」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップテープ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップテープ」関連の特集


世界でも有数の地震大国である日本。災害リスクは他の国に比べて非常に高く、人的被害や経済的被害は計り知…



障害時に“やっててよかった”と実感するバックアップ。バックアップを効率よく行うためのツールの基本機能…



BCP(事業継続計画)の中で、ITシステムの迅速な復旧は非常に重要な要素となる。BCPを意識しつつ、…


「テープバックアップ」関連の特集


データ保護と障害復旧、長期保管を安価で安全に実現する"テープライブラリ"!ディスクやVTLとの併用術…



SANなどの登場で、バックアップもハードディスクが主流になりそうな印象を持ちますが、バックアップの主…



なぜ今、「磁気テープ」が復権しつつあるのか…。HDDにその地位を奪われたかに見えたものの、データ量が…


「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップテープ/バックアップテープの実力」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップテープ/バックアップテープの実力」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001151


IT・IT製品TOP > バックアップ > テープバックアップ > テープバックアップのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ