この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「NAS 掲載日:2005/05/13

スグ解る!「低価格NAS」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのはNAS。ストレージに特化したサーバーであるNASは低価格化が進み、多くの企業で採用が進んでいる。その価格帯は、数万円の個人向けから1000万円以上のハイエンドまでと幅広いが、今回は、中堅中小企業に導入が進んでいるエントリータイプのNAS製品を中心に説明しよう。 スグ解る!「低価格NAS」

低価格NASって?

 NAS(Network Attached Storage)とは、ファイルサーバー用途に特化した専用機だ。汎用のサーバー機とは異なり、OSなどがあらかじめファイルサーバー向けに設定されており、運用管理もWebブラウザで簡単に実施できる。そのため、“ネットワークにつないですぐに使える、運用管理が容易”というメリットがある。また、ユーザー数に応じて増加するライセンス料が不要で、運用コストも抑えることができる。

低価格NASって?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

NAS/スグ解る!「低価格NAS」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

NAS」関連の製品

オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 企業内検索エンジン Neuron 【ブレインズテクノロジー】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】
NAS データ検索ソフト NAS
リソース追加で作業能力が直線的に向上、次世代オールフラッシュは何が違うのか 先端OSS技術(Apache Solr)を活用することで、コストメリットを高めつつ、セキュリティ/管理機能を補完することで、“企業向けに特化”した検索エンジン。 SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方

NAS」関連の特集


Eメールが絡む事故発生時、迅速に過去のメールデータを調査できるメールアーカイブ。基礎から最新事情まで…



気付いたらデスマーチ!?現場の危機を救うプロマネの強い味方、「プロジェクト管理ツール」の最新事情をレ…



パソコンを代替する形でiPadを選択する企業も増えている。日本企業に合うのはBYODなのか、それとも…


NAS」関連のセミナー

クラウドで守る!Radware社DDoS対策/WAFソリューションセミナー 【日本ラドウェア/マクニカネットワークス】  

開催日 1月30日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

皆さまもご存知の通り、インターネットの登場は組織のビジネスを劇的に多様化させました。特にWebやDNSなどの公開サーバを利用したサービスは、そのビジネスの根幹を…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】 締切間近 

開催日 1月17日(水),1月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

EXIN認定試験付クラウドコンピューティング基礎コース 【BSI グループジャパン】  

開催日 2月8日(木)〜2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 10万4868円(税込)

本コースは、今後も発展が見込まれるクラウドコンピューティングの領域に取り組んでいく方を対象としたコースです。クラウドの基本概念を理解し、クラウドで何が出来るのか…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NAS/スグ解る!「低価格NAS」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NAS/スグ解る!「低価格NAS」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001140


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ