この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「NAS 掲載日:2005/05/13

スグ解る!「低価格NAS」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのはNAS。ストレージに特化したサーバーであるNASは低価格化が進み、多くの企業で採用が進んでいる。その価格帯は、数万円の個人向けから1000万円以上のハイエンドまでと幅広いが、今回は、中堅中小企業に導入が進んでいるエントリータイプのNAS製品を中心に説明しよう。 スグ解る!「低価格NAS」

低価格NASって?

 NAS(Network Attached Storage)とは、ファイルサーバー用途に特化した専用機だ。汎用のサーバー機とは異なり、OSなどがあらかじめファイルサーバー向けに設定されており、運用管理もWebブラウザで簡単に実施できる。そのため、“ネットワークにつないですぐに使える、運用管理が容易”というメリットがある。また、ユーザー数に応じて増加するライセンス料が不要で、運用コストも抑えることができる。

低価格NASって?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

NAS/スグ解る!「低価格NAS」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

NAS」関連の製品

IDC調査で見るフラッシュアレイ投資効果 選定基準はどうすべきか 【ネットアップ】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS BI サーバー管理
容量当たり単価で考えない フラッシュストレージを測る真の指標 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。

NAS」関連の特集


クラウドにスマホ対応、省電力にセキュリティ…。今、企業が求める「複合機」を最新動向を交えてご紹介!熱…



クラウドサービス「アマゾン ウェブ サービス」を本格活用するのはハードルが高いと考えている企業も少な…



企業の役職者274人対象に「企業におけるIT戦略面での優先事項」を調査。IT戦略、ビジネス面での優先…


NAS」関連のセミナー

簡単・確実に動くOpenStack環境を実現する 【主催:EMCジャパン/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 10月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象者】・OpenStackをご検討の企業、興味がある企業。・ハイパーコンバージドインフラをご検討の企業、興味がある企業。【プライベートクラウドでの活用が始ま…

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャによるIT基盤の進化 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 11月2日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

IT基盤は仮想化技術によって、革新を迎えたのは10年ほど前からです。しかしながら、それを支えるIT基盤はSAN/NASを用いた仮想化以前のそれと何一つ変わってい…

【広島】“事例”でご紹介する失敗しないERP導入手法セミナー 【インフォアジャパン/京セラコミュニケーションシステム】  

開催日 10月20日(木)   開催地 広島県   参加費 無料

昨今、製造業において、国内外の現場の製造状況を迅速かつ正確に把握し、的確な経営判断を行うことを目的に、ERPの導入が進んでいます。しかし、残念ながら導入に失敗さ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NAS/スグ解る!「低価格NAS」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NAS/スグ解る!「低価格NAS」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001140


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ