この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「NAS 掲載日:2005/05/13

スグ解る!「低価格NAS」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのはNAS。ストレージに特化したサーバーであるNASは低価格化が進み、多くの企業で採用が進んでいる。その価格帯は、数万円の個人向けから1000万円以上のハイエンドまでと幅広いが、今回は、中堅中小企業に導入が進んでいるエントリータイプのNAS製品を中心に説明しよう。 スグ解る!「低価格NAS」

低価格NASって?

 NAS(Network Attached Storage)とは、ファイルサーバー用途に特化した専用機だ。汎用のサーバー機とは異なり、OSなどがあらかじめファイルサーバー向けに設定されており、運用管理もWebブラウザで簡単に実施できる。そのため、“ネットワークにつないですぐに使える、運用管理が容易”というメリットがある。また、ユーザー数に応じて増加するライセンス料が不要で、運用コストも抑えることができる。

低価格NASって?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

NAS/スグ解る!「低価格NAS」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

NAS」関連の製品

連結原価やプロセス製造にも対応、ERPを超える原価管理の実践法 【電通国際情報サービス】 社内ファイルサーバへセキュアアクセス ThothLink 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】
ERP ファイル共有 NAS
この会社は、なぜわざわざERPとは別に原価管理システムを導入したのか 社内・社外のPCやスマートフォンから、Webブラウザを用いて社内のファイルサーバへセキュアなアクセスを可能にする。これにより外出先からの業務を大幅に効率化できる。 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。

NAS」関連の特集


導入したばかりシステムが、わずか1年で能力不足に・・・拡張性を上手に確保したいとお考えの方に、その方…



ネットワークや情報基盤などを関連会社で共有すれば、一元管理もできてコストも大幅節約。どんな手順で統合…



IT担当者593人を対象に「ストレージの導入状況」を調査。「利用環境」や「選定時の重視ポイント」から…


NAS」関連のセミナー

NetApp Innovation 2017 Osaka 【ネットアップ】  

開催日 2月21日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

NetApp Innovation 2017 tokyo 【ネットアップ】  

開催日 2月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

投資対効果を最大限に活かすIT投資マネジメントセミナー 【アイ・ピー・エス/スカイライト コンサルティング】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、ITの飛躍的な発展が続いています。 ところが、企業の現場ではITの保守・運用に多大な費用が取られる 一方で、経営に活かすためのIT投資がなかなかできていな…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NAS/スグ解る!「低価格NAS」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NAS/スグ解る!「低価格NAS」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001140


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ