この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「暗号化ツール 掲載日:2005/04/04

個人情報保護法対策特集 〈後編〉 暗号化ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
何からすれば良い?「個人情報保護法」
2
ファイル/フォルダ、ハードディスク、ドライブの暗号化
1
暗号化ツールのチェックポイント
2
暗号化ツール製品カタログ
1
暗号化/DRMソフトの市場概況
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 盗難・紛失によるパソコンからの情報漏えいを予防する暗号化ツール。今回は、この暗号化ツールのシェア情報を紹介する。また、市場概況の中では、暗号化ツールと類似機能を持つDRM(Digital Rights Management)についても触れたので参考にして欲しい。 個人情報保護法対策特集 〈後編〉 暗号化ツール

1 

暗号化/DRMソフトの市場概況


 これまで暗号化/DRMソフトは、特定業種における需要に限られるものと見られてきたが、個人情報保護法の成立・施行や相次ぐ情報漏えい問題がきっかけとなり、ニーズが顕在化してきた。
 2004年度には、個人情報保護法施行前に対策を済ませたい企業の駆け込み需要を受けて、暗号化/DRMソフト市場は急拡大している。この需要は 2004年度後半に入っても衰えておらず、2005年度には施行後の対策需要が見込まれることから、引き続き高い成長率を維持するものと見られる。
 経営者層における情報マネジメント意識の向上、情報管理ポリシーの徹底、情報共有のセキュリティ管理といった動きに支えられ、暗号化/DRMソフト市場は継続的に拡大するものと見られる。その一方で、個人情報保護法の施行後に意識低下があった場合、市場拡大のペースが鈍ることが懸念される。
 なお本調査では、暗号化ソフトとDRMソフトが機能面でオーバーラップする傾向にあることから、双方をひとつのカテゴリとしてまとめ、市場を把握している点に注意されたい。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化ツール」関連情報をランダムに表示しています。

暗号化ツール」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】
暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

暗号化ツール」関連の特集


外部からの攻撃ばかりでなく、内部での情報の不正利用を防ぐ情報漏洩対策が重要視されている。そこで注目し…



現在利用中の「端末」「OS」「オフィススイート」は?今後1年以内でクライアント端末の導入予定者が検討…



561人を対象に「クライアント端末の利用環境」を調査!端末やOS、オフィススイートなどの質問から企業…


「暗号化」関連の製品

暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 学校の情報漏えいを阻止する秘策、「流出しても読めない」ファイルとは? 【ネスコ】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【AllthatSoft Japan】
暗号化 暗号化 暗号化
データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 学校の情報漏えいを阻止する秘策、「流出しても読めない」ファイルとは? DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001119


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ