この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「暗号化ツール 掲載日:2005/04/04

個人情報保護法対策特集 〈後編〉 暗号化ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
何からすれば良い?「個人情報保護法」
2
ファイル/フォルダ、ハードディスク、ドライブの暗号化
1
暗号化ツールのチェックポイント
2
暗号化ツール製品カタログ
1
暗号化/DRMソフトの市場概況
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 ここでは、暗号化ツールを導入する時に、チェックするべきポイントを説明しよう。暗号化ツールは簡単に導入でき、容易に情報漏えい対策に着手できるという点が、魅力の1つだ。ただし繰り返しになるが、これだけでは完全な対策は難しい。暗号化ツールは情報漏えい対策の第一段階として捉え、包括的なセキュリティ対策を視野に入れて導入を進めるべきだ。 個人情報保護法対策特集 〈後編〉 暗号化ツール

1 

暗号化ツールのチェックポイント



1-1

初期導入の方法


 今回取り上げた暗号化ツールは、クライアントPCにインストールするだけで利用を開始できるものが多い。また、USBメモリータイプの暗号化ツールの場合、ファイル暗号化アプリケーションが内蔵され、インストールが不要なものであれば、基本的にエンドユーザーに配布するだけで準備OKだ。このように暗号化ツールの導入は比較的簡単だ。ただし、ハードディスクおよびドライブの暗号化ツールでは、インストール後に既存のファイル/フォルダの暗号化のための処理が自動で実行され、この暗号化処理には、ある程度の時間が必要だ。こうした時間も考慮して、既存ファイルの暗号化が夜間に実行されるようなタイミングでインストール作業を行なうなど、注意が必要だ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化ツール」関連情報をランダムに表示しています。

暗号化ツール」関連の特集


絶対に漏洩してはいけない従業員、その家族、取引先、株主のマイナンバー情報。ではどうやって対応する?対…



情報漏洩の媒介になりやすいUSBメモリに罪はない、でも使い方には注意が必要に。では、USBメモリを上…



対策ナシでは感染までわずか4分!1日3000件も未知の検体が検出されることも…まだまだ怖いボット事情…


「暗号化」関連の製品

ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 暗号化/マルウェア対策/ランサムウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】
暗号化 暗号化 暗号化
ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
PCや記録メディア、ファイルサーバのデータを暗号化。
安全性が確認できるプログラムのみ、機密データやOS管理領域へのアクセスを許可する。
サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。

「暗号化」関連の特集


HDD本体を搭載機器から取り外しただけで記録データを瞬時に無効化!?情報漏洩対策の新キーワード「忘れ…



他社との協業業務では、企業間でのファイル送受信を行うことも多いだろう。しかし一方で重要ファイルが外部…



JTB(ジェイティービー)から約793万人の個人情報の流出が疑われる事故が発生した。事故の経緯はこう…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001118


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ