この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「暗号化ツール 掲載日:2005/04/04

個人情報保護法対策特集 〈後編〉 暗号化ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
何からすれば良い?「個人情報保護法」
2
ファイル/フォルダ、ハードディスク、ドライブの暗号化
1
暗号化ツールのチェックポイント
2
暗号化ツール製品カタログ
1
暗号化/DRMソフトの市場概況
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 ここでは、暗号化ツールを導入する時に、チェックするべきポイントを説明しよう。暗号化ツールは簡単に導入でき、容易に情報漏えい対策に着手できるという点が、魅力の1つだ。ただし繰り返しになるが、これだけでは完全な対策は難しい。暗号化ツールは情報漏えい対策の第一段階として捉え、包括的なセキュリティ対策を視野に入れて導入を進めるべきだ。 個人情報保護法対策特集 〈後編〉 暗号化ツール

1 

暗号化ツールのチェックポイント



1-1

初期導入の方法


 今回取り上げた暗号化ツールは、クライアントPCにインストールするだけで利用を開始できるものが多い。また、USBメモリータイプの暗号化ツールの場合、ファイル暗号化アプリケーションが内蔵され、インストールが不要なものであれば、基本的にエンドユーザーに配布するだけで準備OKだ。このように暗号化ツールの導入は比較的簡単だ。ただし、ハードディスクおよびドライブの暗号化ツールでは、インストール後に既存のファイル/フォルダの暗号化のための処理が自動で実行され、この暗号化処理には、ある程度の時間が必要だ。こうした時間も考慮して、既存ファイルの暗号化が夜間に実行されるようなタイミングでインストール作業を行なうなど、注意が必要だ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化ツール」関連情報をランダムに表示しています。

暗号化ツール」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】
暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

暗号化ツール」関連の特集


“内部からの情報漏洩対策”連載第2弾は「アクセス制御」に注目。システムやワークフロー上でポリシー外の…



 ビジネスへのIT利用の普及は、ネットワーク化・オンライン化の面がとても大きい。メールやWeb等を介…



社会的信用の失墜だけでなく、賠償責任が発生する判決が下されている情報漏洩事件。企業における情報漏洩を…


「暗号化」関連の製品

ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】
暗号化 暗号化 暗号化
ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001118


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ