この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「暗号化ツール 掲載日:2005/04/04

個人情報保護法対策特集〈後編〉 暗号化ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
何からすれば良い?「個人情報保護法」
2
ファイル/フォルダ、ハードディスク、ドライブの暗号化
1
暗号化ツールのチェックポイント
2
暗号化ツール製品カタログ
1
暗号化/DRMソフトの市場概況
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 この4月1日から、個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)が施行された。この法律が登場したことによって、多くの企業で個人情報を始めとする重要情報の漏洩対策について真剣に検討するようになったのではないだろうか。しかし、一言で情報漏洩対策と言っても幅広く、どこから手をつけるべきか迷っている企業も少なくないだろう。そこで、こうした企業でも、情報漏洩対策の第一歩として容易に導入できる暗号化ツールについて解説しよう。 個人情報保護法対策特集〈後編〉 暗号化ツール

1 

何からすれば良い?「個人情報保護法」


 まず、暗号化ツールがどのような場合に役に立つかを説明しよう。



1-1

情報漏洩がもたらす損害


 現在は社会の情報化が大きく進展し、個人情報を利用したさまざまなサービスが提供されている。そうしたサービスはビジネスや生活にも大きく役立っているが、その反面、個人情報が不適切な形で使われれば、そこに記載された個人に多大な被害をもたらす恐れがある。こうした背景を受けて、個人情報保護法は成立したのである。この法律の概要は、個人情報保護法対策特集<前編>の「フォレンジック」で確認してほしい。
 もちろん、個人情報が漏洩した企業も、著しい損害を受ける。顧客データなどの漏洩事件が明るみに出れば、その情報を利用する業務は停止せざるを得ず、また、警察やマスコミ、顧客、株主と多方面への対応に追われることになる。企業イメージは失墜し、この悪いイメージを払拭するには、事件への対応後も並々ならぬ努力を継続しなければならない。
 このように個人情報の漏洩による損害は、企業にとって大きな痛手となる。そして、この痛手を受ける可能性は個人情報取扱事業者に限らない。今回の個人情報保護法の施行は、この法律の対象とならない企業にも自社の情報漏洩対策を再考する格好の機会だと言える。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化ツール」関連情報をランダムに表示しています。

暗号化ツール」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】
暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

暗号化ツール」関連の特集


情報漏洩事件が相次いで発生し、企業における情報セキュリティの高まりとともに検討が進む暗号化。その中で…



スパム対策やフィルタリングはばっちり、でも誤送信対策はどうする?新たな脅威に備えるための“メールイン…



クライアント型、サーバ型、アプライアンス、クラウドサービスなど様々な形態が存在する「メール誤送信防止…


「暗号化」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】 nShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。 鍵のライフサイクル管理と暗号処理。信頼の要となる鍵をソフトウエアから分離して強力に保護することが可能。HSMの導入、強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号化ツール/個人情報保護法対策【後編】」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001117


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ