この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「NAS 掲載日:2005/02/28

低価格NAS



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
NASの導入メリットとそのトレンド
2
企業に求められるNASの機能と性能の差
1
NASを購入するときに考えるポイントとは?
2
50万円以下のNAS製品カタログ
1
低価格NAS市場動向
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 NAS製品の中でも、特にハイエンドな製品に関しては、ストレージに必要な要件となる拡張部分の機能強化や、ミッションクリティカルな業務に対応できるよう、ハードウエアから構造が大きく異なってくる。しかし、エントリークラスになると、それほど大きな差が出てこないのが現状だ。そんな中でも、いくつか製品を選ぶときに注意して欲しいポイントを紹介しながら、エントリークラスの製品カタログを紹介する。 低価格NAS

1 

NASを購入するときに考えるポイントとは?



1-1

NAS単体以外にも必要なコストを考える


 NASはストレージ専用のサーバーだからといって特別なものではない。通常のPCサーバーと同じように、データのバックアップやサーバーのウイルス対策を考慮する必要がある。ベンダーによって標準で添付されていたり、別途購入が必要になるなど、製品に含まれる範囲がまちまちだ。ストレージの容量だけでコストを考えるのではなく、社内のセキュリティポリシーやバックアップポリシーと合致させることのできる対策までNAS購入のコストとして見積もっておく必要がある。ちなみに、Windows Storage Server 2003との親和性の高いバックアップソフトウエアやウイルス対策ソフトウエアとして、マイクロソフトのホームページに紹介されている製品を紹介する。


バックアップソフトウエア
コンピュータ・アソシエイツ 株式会社 「BrightStor ARCserve Backup Release 11 for Windows」
ベリタスソフトウェア株式会社 「VERITAS Backup Exec 9.1 for Windows Servers」
ウイルス対策ソフトウエア
トレンドマイクロ株式会社 「ServerProtect for Microsoft Windows/Novell NetWare」


1-2

気になるOSパッチのサポートに注意


 以前主流を占めていたNAS専用OSの場合、購入したベンダーからOSのセキュリティパッチが配布されていた。しかし、現在はWindows Storage Server 2003が多くの製品に導入されており、通常のPCサーバーと同じように、セキュリティパッチは自社で対応することが求められる。そこで、運用管理の中にセキュリティパッチ対策を考慮しておく必要がある。もし、情報システム専任者が配置できない営業所なら、狙われにくいカスタマイズされたLinuxOSを採用するという選択肢もありうる。



1-3

ストレージ容量の拡張を考慮する


 企業でストレージを検討する際、将来的なディスク容量の増大を予測し、常に拡張を考慮しておく必要がある。しかし、エントリークラスの場合、拡張性の機能はそれほど持っていない製品がほとんどで、価格の安い同一製品をもう1台購入することで拡張を行っていくようなことも考えられる。もし、すでにストレージ容量が爆発的に拡大する見込みがある場合は、きちんと拡張性を考慮した製品選びをして欲しい。特に、ラックマウントの場合は、サーバールームなどでハードウエアを買い足ししても、それほど場所をとることもない。ストレージ容量の予測にあわせて、筐体選びも必要となってくる。



1-4

同時アクセスの処理速度を考える


 エントリークラスのNASは、とにかくコストを安く抑えたいと考える方も多いだろう。しかし、営業所や部門などで活用するためには、その運用規模も考慮した製品選びが必要だ。4〜5人でデータ共有するのであればさほど問題にはならないが、10人を超えた人数でNASを共有する場合、レスポンス低下が見られることがある。特にネットワークカードやCPU、メモリなどにスループットが影響するため、値段だけで購入すると、運用上耐えられない結果にもなりかねない。きちんと自社運用を考慮して製品を購入しよう。



1-5

NASはあくまで1次バックアップだと考えておく


 エントリークラスのNASを購入し、それをファイルサーバーの代わりとして活用するのは問題ないが、 NASにデータがあることでバックアップも完了させてしまっている企業も少なくない。あくまでNASでバックアップを考えるのであれば、そのデータをテープやリムーバブルディスクなど可搬性メディアにデータを保存することが大切だ。安価なNAS製品であっても、きちんとバックアップを取ることを考えておこう。



このページの先頭へ

2 

50万円以下のNAS製品カタログ



2-1

index


 データ保護の観点から、RAID構成がとられている製品を中心に、IDCjapanが定義しているエントリークラスの50万円以下の製品を紹介する。タワー・BOX型とラックマウント型にはそれほど機能の差がないため、今回は、タワー・BOX型を中心にカタログをお伝えしよう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

NAS/50万円以下の低価格NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

NAS」関連の製品

オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは 【Dell EMC】 HCIは「簡単でシンプル」、プロが明かすその本当の意味とは 【日本電気株式会社】 BIに完成形はない 全員で使いながら成長させていくことが成功への道となる「Actionista!」 【ジャストシステム】
その他ストレージ関連 垂直統合型システム BI
新製品が続々登場のオールフラッシュ、コスパ重視で選ぶなら? HCIは「簡単でシンプル」、プロが明かすその本当の意味とは Microsoft Excelを使ってデータ集計・分析をしている日本企業は非常に多いが、現場の担当者はそこに多くの不便を感じている。なのに、なぜBI活用に踏み出せないのだろうか

NAS」関連の特集


ストレージ間を結ぶ高速ネットワーク「SAN」!ここにきてSMB市場をターゲットにした低価格の製品ライ…



折れ曲がりや破断があって大丈夫、有線と無線のハイブリッド技術「電波ホース」が登場!シンプルながら驚き…



2017年第1四半期のPC市場は前年同期比6.3%増。特に勢いを取り戻した外資系ベンダーとは?


NAS」関連のセミナー

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 7月11日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

ストレージセミナー「ビッグデータとデータアナリティクス」 【ニューテック】  

開催日 7月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、企業や大学・研究機関において創出されるビッグデータは、大容量化の一途を辿っています。特に画像データ、センシングデータ、音声データなど非構造化データの極端な…

【16PDU】 ITサービスマネジメント実践(移行/運用) 【アイテック】  

開催日 9月6日(木)〜9月7日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 9万7200円(税込)

【概要】中上級者向けであるITILインターミディエイト研修のカリキュラムを整理し、講師が厳選したポイントを絞り込んだ形式で講義します。ワークショップでは、本来O…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NAS/50万円以下の低価格NAS」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NAS/50万円以下の低価格NAS」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001108


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ