第56回 注目の無線新規格「UWBとWiMAX」


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2005/02/23
 注目の無線新規格「UWBとWiMAX」

  今回は、OSI参照モデルにおけるデータリンク層と物理層の効率化を図ることで、通信速度が大幅に向上したIEEE802.11nについて学んでいこう。また、無線によって50Mbps〜1Gbpsの超広域通信を実現する技術として、その動向が非常に注目されるUWBとWiMAXについても詳しく説明する。今のうちにその特徴や有効性をしっかり理解しておこう。 注目の無線新規格「UWBとWiMAX」


最新無線LAN規格 IEEE802.11nとは

既存の無線LAN規格の問題
  今回は、これからの無線LANとして前回(無線LANの基礎と100M超の「MIMO」)紹介したIEEE802.11nについて、さらに理解を深めていく。また、ワイヤレス技術全体における新たなテクノロジーとして、今後の動向が注目されているUWB(Ultra Wide Band)やWiMAXの技術についても学んでいこう。ちなみに、日本では4.9〜5.0GHzおよび5.03〜5.091GHzの周波数帯を用いたIEEE802.11jも承認されているが、これについては別の機会にご紹介することにしよう。
  さて、現在無線LAN規格として一般に普及しているIEEE802.11a/b/gとは、OSI参照モデルにおける物理層(PHY:Physical Layer)部分の仕様のことであり、どの周波数帯でどのような変調方式を用いて、またいかに効率よく情報を電波にのせてやりとりするかを規定するものである。このため、物理層の1つ上の層であるデータリンク層内論理リンク制御部(LLC:Logical Link Control)メディアアクセス制御部(MAC:Media Access Control)では、ほぼ同一の制御が行われていた。一方IEEE802.11nにおいては、データリンク層と物理層の双方の制御を見直すことで、より効率的なフレーム交換を実現し、通信速度を大幅に向上させようとしている。

IEEE802.11nのデータリンク層制御
  規定範囲を、物理層だけでなくデータリンク層にまで広げたのには理由がある。これまでのIEEE802.11a/b/gによる既存LANでは、物理層内の物理媒体依存部(PMD:Physical Medium Dependent)副層部分を改良することにより、高速化を図ってきた。だが実は、無線LANにおけるデータリンク層内の仕様が取り残されてきたため、この部分がボトルネックとなってしまい、最大54Mbpsの既存の仕様も、実際にはそれ以下の通信速度しか実現できなかったわけだ。例えれば、渋滞解消にと高速道路の一部分を広げたとしても、一部分が片側一車線だったため、結局その部分で渋滞が発生し、抜本的な解決に至らなかった、というようなものだ。物理層で通信速度を向上させても、この問題を解決しなければ総合的な効果が得られにくいことから、IEEE802.11nでは、データリンク層についても効率化を図っている。すなわち、全線を片側4車線の高速道路にしてしまおうというわけだ。
  ちなみに、データリンク層内の論理リンク制御部と、メディアアクセス制御部の接点をメディアアクセス制御・サービスアクセスポイント(MAC SAP:Media Access Control Layer,Service Access Point)と呼ぶが、IEEE802.11nではフレーム構造やフレーム伝送の効率化を図ることで、この部分で100Mbpsのスループットを実現する。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

UWBとWiMAX/第56回 注目の無線新規格「UWBとWiMAX」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UWBとWiMAX」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】 無線LANの基礎知識――企業に最適なネットワークを探る 【KDDI】 SonicPoint 【丸紅情報システムズ】
無線LAN 無線LAN 無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。 すぐ読めてすぐ分かる! 無線LANの基礎知識 セキュリティ対策フル装備のUTM「SonicWALL」をコントローラにしてAPを一元管理できる無線LANソリューション。不許可Wi-Fiの遮断、標的型攻撃対策にも有効。

「無線LAN」関連の特集


無線LANの利便性は個人用途での普及によって既に認知されていますが、企業への適用には、より強固なセキ…



接続と認証にかかる時間を0.01秒にまで短縮し、車や電車からでもストレスなく無線LANにアクセス可能…



目に見えないからこそ慎重に選びたい「無線LAN」。オフィスでは多人数で使用されるためセキュリティやス…


「無線LAN」関連のセミナー

中小企業向けCisco Wireless最新ソリューション G-Tech2016東京 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 10月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

CUWN(Cisco Unified Wireless Network)に代表されるCiscoの無線LANソリューションは、WLC(Wireless LAN C…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

UWBとWiMAX/第56回 注目の無線新規格「UWBとWiMAX」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UWBとWiMAX/第56回 注目の無線新規格「UWBとWiMAX」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001098


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ