この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


すご腕アナリスト市場予測
この先どうなる?が知りたいあなたに「EA 掲載日:2005/03/24

ビジネスとITの架け橋「EA」



 2003年に大々的に取り上げられてから、言葉としては定着した感がある EA(エンタープライズ・アーキテクチャ)。しかし“企業の全体設計図”というあまりに大きな概念であるがために、どこから取り組めば分からないという声もよく聞かれる。今回は、日本企業の状況を俯瞰しながら、EAの効果的な導入、維持管理のために重要となるポイントについて解説する。 ビジネスとITの架け橋「EA」



 A N A L Y S T アナリストファイル #020
 株式会社野村総合研究所
株式会社野村総合研究所 城田 真琴 (Makoto Shirota)
情報技術本部 情報技術調査室 副主任研究員
城田 真琴 (Makoto Shirota)
1994年北海道大学工学部電子工学科卒業後、大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年に野村総合研究所に入社。情報技術本部にてIT動向の調査と分析を行うITアナリスト集団に所属。専門は、 EAI/BPM、SOA等のミドルウエア領域、グリッド・コンピューティング、セキュリティ技術など。


ピークは過ぎたEA?


 日本におけるEAは、2003年から政府の調達改革の一環として経済産業省主体で取り組みが始まると共に、急激に雑誌等で取り上げられる機会が多くなった。一時の流行りはやや過ぎた感があるが、各種メディアの報道によると東京三菱銀行や松下電器産業など日本を代表する企業が本格的にEAに取り組んでいるとされ、政府だけでなく、民間企業においても着実に広まりつつあるように見受けられる。
 実際、野村総合研究所が昨年11月に、全業種にわたる上場企業約450社に対して行ったアンケート調査では、約半数の企業が何らかのEAに関わる活動に取り組もうとしているという結果となった。

図1 企業システム全体の体系に対する取り組み課題
図1 企業システム全体の体系に対する取り組み課題
出典:野村総合研究所 「ユーザー企業のIT運営実態調査」2004年11月

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

EA/ビジネスとITの架け橋「EA」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EA」関連情報をランダムに表示しています。

EA」関連の製品

個人間カーシェアAnyca(エニカ)が順調な滑り出し、次の一手は 【KDDI】 MotionBoard 【ウイングアーク1st】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】
その他WEB構築関連 BI BI
車と人のあたらしい関係――「シェアリングエコノミー」って何? 複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。

EA」関連の特集


 前回までは、TRMの考え方とセキュリティとの関係について述べた。今回は、TRMで提供している技術要…



こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。このコラムでは、2015年4月に発行された、株式会社マ…



大企業から中堅中小企業まで幅広い製品ラインナップが揃った「BIツール」。最適な製品を選択するにはどん…


「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EA/ビジネスとITの架け橋「EA」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EA/ビジネスとITの架け橋「EA」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6


30001070


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ