この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「EAI 掲載日:2005/03/14

EAI



1:基礎講座 2:選び方講座 3:技術動向
1
EAIとは何か
2
EA、SOAから見たEAI
1
EAIツールの選び方
2
EAIツール カタログ
1
ESBとEAIの違いは?
2
ESBの今後
3
WebサービスとEAI
4
これからのアプリケーション連携
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 EAI製品を選ぶポイントは、単にシステム連携が容易に確実に、低コストにできるものを選ぶという次元から、導入・運用コストを抑えながらいかにビジネス環境の変化に即応できる環境を整えられるかという方向に重心が移ってきた。既存資産にできるだけ手を加えずに、単純なプラグインや「組み替え」だけでビジネスプロセスを変更できる仕組みが最も求められているのだ。ここでは、こうした視点からEAI製品の選び方やアプリケーション統合実現のイメージを考えてみよう。
 またEAIおよびSOA,Webサービス、ESBなどの考え方を調査会社のガートナー ジャパンの専門アナリストに聞き、別項にまとめたので是非参考にしていただきたい。
 最後に主なEAI製品のカタログを掲載する。
EAI

1 

EAIツールの選び方



1-1

業務とシステムを整理しよう


 ビジネスの全体最適化を目標にするなら、EAの考え方が参考になろう。EAは高コストになりがちな政府の調達業務に客観的な投資対効果の尺度を持ち込み、公に納得できる形での予算策定を図るために利用されている。その手法は、特に多くの予算を必要とする大規模なシステムの見直しを考える一般企業にも適用できる。大規模なシステム見直しには、経営部門、ユーザー部門、IT部門がそれぞれ納得できる形で取り組んでいかなければならず、また投資の効果が目に見える(客観的に判断できる)形で得られなければならないからだ。
 EAではまず経営分析とそれに基づく経営戦略、それをITに反映するIT戦略が策定される。そこで描かれるのは、今後の経営目標に対してシステムはかくあるべしという理想像(To Beモデル)である。それを夢物語にしないために、こと細かに現状システムを分析し、To Beモデルと何が違うのか、変えるべきところは何かを明らかにしていく。そして具体的に実現可能な「次期」システムのモデルを描き、それに向かって移行のスケジュールを策定していくという段取りを踏む。
 特に重要なのは、それぞれの「モデル」を描くために可能な限りの要素を標準化していくことだ。EAではシステムの姿(アーキテクチャ)は、「政策・業務体系」「データ体系」「適用処理体系」「技術体系」の4つの面から詳細に検討される。それぞれを客観的な尺度で検討するためには、こと細かに技術や処理が分類され、関連性を明らかにしなければならない。
 この過程で、残すべきシステムや無くすべきシステムがわかるかもしれないし、二重の処理をしている箇所など不合理な部分がはっきりするかもしれない。おそらく一度にシステムを全部作り直すという結論はコスト面からみてあり得ないので、少なくとも一部では既存システムを有効に活用する道を探すことになるだろう。そのときにEAIが役に立つことは十分にある。またEAに則った客観的な分析により、どこに、どのように適用していくかが明らかになるだろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

EAI/全て統合!最新EAIの実力」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

EAI」関連の製品

データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
EAI EAI EAI
膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール 企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。
ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。

EAI」関連の特集


スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの普及にともない、システムのモバイル対応はもはや逃れ…



散在する情報資産に効率よくアクセスできるポータル画面を提供する「EIP構築ツール」。課題である利用率…



柔軟にシステム間の連携を変更・追加できる「システム統合基盤」とは何か、“簡単アニメ”でサクッと解説し…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EAI/全て統合!最新EAIの実力」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EAI/全て統合!最新EAIの実力」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001067


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ