この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「EAI 掲載日:2005/03/14

EAI



1:基礎講座 2:選び方講座 3:技術動向
1
EAIとは何か
2
EA、SOAから見たEAI
1
EAIツールの選び方
2
EAIツール カタログ
1
ESBとEAIの違いは?
2
ESBの今後
3
WebサービスとEAI
4
これからのアプリケーション連携
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

  EAI(Enterprise Application Integration:企業内アプリケーション統合)は、企業内にばらばらに存在しているシステム同士を相互に連携させて、全体としてビジネスの効率を上げるための、高額だが一定以上の規模のシステム連携を果たすためには投資効率のよいツールとして認められてきた。しかしWebサービスをはじめとする新しいシステム連携の手法が登場し、SOA(Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ)あるいはEA(Enterprise Architecture)などのより視野の広いコンセプトが語られるようになった今、EAIはこれらの新技術やコンセプトとともにIT戦略のなかに正しく位置づけることが必要になってきた。今回は、現在のEAIに期待されている役割と、EAおよびSOAとの関連と位置づけ、および新しく台頭してきたESBとの相違や類似について整理していく。 EAI

1 

EAIとは何か


 EAIは、企業内にある複数のシステム(アプリケーション)を連携させて上手に運用していくための技術である。簡単に歴史を振り返ってみると、次のようになる。



1-1

システムの分散化とERPの普及


 メインフレームなどで業務の集中処理をしていた時代には、もしシステムが時代に合わなくなってきたら、一から新たにシステムを作り直すことが行われてきた。それは、ITの選択肢が少なく、また企業に再構築コストを負担する体力が十分にあった時代のことだ。しかしその後、オープンシステムによる業務システムが増えてくると、システムは分散化し、データベースが各部署に散在するような状況が生まれた。同じ商品データや顧客データを複数の部署で作成、管理するといった非合理的な運用がされるようにもなった。当然これは運用コスト増大を招くことになった。
 また、1990年代後半には、基幹系システムの見直しが盛んになり、ERP の導入が広く行われてきた。ERPのために既存のシステムを連携させ、データがERPシステムで利用できるようにしなければならなくなった。
 さらに、Webシステムが活用されるようになって顧客対応などのフロント業務あるいはB2B取り引きのためのシステムが作られるようになると、それらとバックエンドの基幹系システムを結びつけるための仕組みが必要になってきた。
 もともと悩みのタネだった「社内システムの乱立」状況に、ERPやB2Bシステムなどの導入を機にして注目されたのが、複数のシステムを連携させるためのEAIだった。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

EAI/全て統合!最新EAIの実力」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

EAI」関連の製品

データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 システム間データ連携ソリューション 「DataSpider Servista」 【アプレッソ】
EAI EAI EAI
企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。
膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール 企業内に散在するデータを活用し、素早く簡単に目的とする処理サービスを作るソフトウェア
●プログラミング不要
●開発支援機能、多彩な連携機能、豊富な運用支援機能装備

EAI」関連の特集


現在最もホットなキーワード「SOA」。しかし概念が抽象的でその本質がはっきり見えてこないのも事実。そ…



既存システムを使い続けながら、変化への対応を高度化するにはどうすればよいか?「システム統合基盤」はそ…



クラウドなど昨今のITプラットフォームの大転換により、改めて価値が再認識されているBPM。そんな活性…


EAI」関連のセミナー

ICS会計システムセミナー2017 春 【ICSパートナーズ】  

開催日 3月7日(火)   開催地 北海道   参加費 無料

今回の『ICS会計システムセミナー2017春』では“「コックピット経営」、本格始動へ。”と題し各種プログラムを準備させて頂きました。ユーザー導入事例では、検討の…

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

大阪:「DataSpider Cloud」×「kintone」連携 ご紹介セミナー 【アプレッソ】  

開催日 3月17日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

DataSpider Cloudを使ってオンプレミスのデータを kintone で活用してみませんか?kintone はオンプレミスのシステムや他クラウドサービ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EAI/全て統合!最新EAIの実力」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EAI/全て統合!最新EAIの実力」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001066


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ