この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「VoIPゲートウエイ 掲載日:2005/03/07

VoIPゲートウエイ



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
さらば電話網!音声もIP化へ
2
「VoIPゲートウエイ」とは
1
VoIPゲートウエイのチェックポイント
2
VoIPゲートウエイ製品カタログ
1
IP電話の市場動向
2
IP電話の今後の展望
3
IP電話製品ベンダーの動き
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 ここでは、IP電話およびVoIPゲートウエイの市場動向や今後の展望について考えてみたい。現在はユーザーのIP電話に対する期待が、音声/データのネットワーク統合によるコスト削減から、アプリケーション連携による利便性の向上という点に推移している。こうした中、VoIPゲートウエイは、ファーストステップとしての拠点間のIP化を目的としたもので、一見時代遅れの機器という感があるが、IP電話の導入が引き続き進行中であることを考えれば、その出荷台数が大幅に落ち込むことはないだろう。 VoIPゲートウエイ

1 

IP電話の市場動向



1-1

ユーザーはコスト削減以上の効果に期待


 企業がIP電話を利用するようになった当初は、特に音声/データのネットワーク統合のIP化による回線コストの削減という点に、ユーザーからの注目が集まっていた。それが最近は、IP電話に対するユーザーの関心が電話とアプリケーションとの連携という点に推移しつつある。
 その理由としては、ソフトフォンやプレゼンスサービスといったものについての、ユーザーからの認知度が上がったということが考えられる。また、現在では IP電話は、業種や企業規模に関わらず、ある程度普及が進んだ。そのため、コスト削減の次に期待するものとして、ユーザーがアプリケーションというメリットに期待し始めたということも一因となっていると考えられる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

VoIPゲートウエイ/「VoIPゲートウエイ」の基本」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VoIPゲートウエイ」関連情報をランダムに表示しています。

VoIPゲートウエイ」関連の特集


今回ピックアップするのはVoIPゲートウエイ。企業向けのIP電話は2003年ごろから本格的にスタート…



ネットワークが遅い、早い、重い、軽い…なぜそう感じるのか、説明できますか?ネットワーク遅延の理由と改…



PBXのアウトソーシング「IPセントレックス」。しかし蓋を開けてみるとPBXを残したまま利用するケー…


「VoIP」関連の特集


 前回はVoIP独自の脅威とその対策について見てきた。続いてSIPベースのVoIPセキュリティルール…



コストが魅力なIP電話には一般の電話に比べて音声品質が劣るといった弱点が。回避法とIP電話を支えるV…



2010年、前年比2.6%増の「ユニファイドコミュニケーション」。同製品において、2009年に引き続…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

VoIPゲートウエイ/「VoIPゲートウエイ」の基本」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「VoIPゲートウエイ/「VoIPゲートウエイ」の基本」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30001064


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ