ハイジャッカー●ブラウザがジャックされる?!


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2005/03/02
 ハイジャッカーってなんだ?!

 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
 今回のテーマは「ハイジャッカー」。ある日突然、ブラウザの操作があなたの思い通りにならなくなるという、実に不愉快なお話です。ブラウザを乗っ取られないための対策は万全ですか?
ハイジャッカーイメージ


ハイジャッカーとは
 ハイジャッカーとは、インターネット接続しているうちに、ある特別なプログラムがブラウザに埋め込まれてブラウザが勝手な動きを始めること。まるでブラウザが他人に乗っ取られた状態になることからこの名前で呼ばれるようになった。飛行機などのハイジャッカーと混同しないように「ブラウザハイジャッカー」とも呼ばれている。
 ハイジャッカーにブラウザが乗っ取られると、例えば次のような現象が起こる。

ブラウザのスタートページが勝手に書き換えられる!
 ブラウザを起動したときに最初に表示されるホームページ(スタートページ)の設定が勝手に書き換えられてしまう。例えば、アダルトサイトや有料サイトなどのページに設定される。書き換えられても自分でインターネットオプションから再修正すれば済むと考えているかも知れないが、たとえ再修正してもブラウザを起動するたびに自動変更されてしまう場合も多く、実に厄介だ。

「お気に入り」に勝手に追加される!
 「お気に入り」の中に、自分が登録した覚えのないサイトが勝手に追加登録されてしまう。ブラウザのホームページ設定が書き換えられた場合は、ハイジャッカーされたことにすぐ気づくが、「お気に入り」にさりげなく追加されていることは意外と分からない。

アドレスバーが特定サイトにリライトされる!
 ブラウザのアドレスバーにアクセス先をキー入力しても、それとは全く関係のない別のサイトにジャンプしてしまう。これも実に不愉快な現象で、例えばキーマンズネットにアクセスしたいのに、いくら入力してもなぜか特定のアダルトサイトにジャンプしてしまうといったことが起こる。これは、パソコンのローカルディスクに保存されているOSのhostsファイルが書き換えられたことで発生する現象だ。
 ここで、hostsファイルとは、IPアドレスと名前の対応が書かれているテキストファイルのことで、これによりDNSを参照することなく名前解決ができるようになっている。例えばWindows XPではC:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hostsに保存されている。Hostsファイルはハイジャッカーだけでなくフィッシングでも狙われるファイルで、ここに偽サイトのIPアドレスが書き込まれてしまうと、例えば銀行サイトにアクセスしたつもりが、うり二つの偽サイトにアクセスしてしまうといったことが起り得る。

図1 ハイジャッカーに乗っ取られると・・・
図1 ハイジャッカーに乗っ取られると・・・

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 RAYCOP RX 
●A賞:抽選で1名様
 Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK 
●C賞:抽選で1名様
 パナソニック 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 
●D賞:抽選で1名様
 Dell ノートPC Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 
●E賞:抽選で1名様
 サンワダイレクト ごろ寝マウス 指輪マウス トラックボール 

このページの先頭へ

ハイジャッカー/ハイジャッカー●ブラウザがジャックされる?!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ハイジャッカー」関連情報をランダムに表示しています。

ハイジャッカー」関連の特集


メールの内容が、知らない間に第三者に転送されていたとしたら…?最近、コンピューター上で隠密にスパイ活…



暗証番号などの個人情報をパソコンから盗み出す「スパイウエア」。今回はこの「スパイウエア」対策に有効な…



CPU、メモリやHDDも含めたPC本体をブレード状のボードに搭載し、ラックに抜き挿しする新型パソコン…


「アンチウイルス」関連の製品

機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

「アンチウイルス」関連の特集


 2009年に入って感染被害報告数が増加している不正プログラムの中で、前回は「WORM_DOWNAD…



マルウェア感染の3割がメールから、アンチウイルスで検知できないことも!データで実状を知り、対策法を押…



 前回解説したとおり、URLフィルタリングは本来の目的が利用者ごとのポリシーに従ったWebサイトへの…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

ハイジャッカー/ハイジャッカー●ブラウザがジャックされる?!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ハイジャッカー/ハイジャッカー●ブラウザがジャックされる?!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001061


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ