この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「ブレードサーバー 掲載日:2005/02/21

ブレードサーバ



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
今さら聞けない「ブレードサーバー」
2
「管理ツール」で実現する効率運用!
1
ブレードサーバーの選び方
2
製品カタログ
1
ブレードサーバーシェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 ガートナージャパン株式会社では、全世界で1,000人を超えるアナリストとコンサルタントが、広範なIT市場を対象に、テクノロジー、製品、サービスに関する多角的な調査・分析・予測を行い、世界中で10,000社を超える企業にアドバイスを提供している。今回はこうした活動の中で得られた貴重な情報源の中から、同社バイスプレジデント 亦賀忠明氏に、ブレードサーバー市場について参考になる情報をお聞きした。 ブレードサーバ

1 

ブレードサーバーシェア情報



1-1

ブレードサーバーは2009年までにサーバー市場で首位を獲得する


 主要ベンダー各社からブレードサーバーが登場し始めたのは2002年のことだが、2004年の時点でも、ブレードサーバーは、サーバー市場全体から見るとまだ数%程度にしか過ぎなかった。しかし、図1から分かるように、2005年あたりから急速に台数が増え始め、2008年から2009年には、従来のラックマウント型やタワー/スタンドアロン型をすべて追い抜いて、形状別では首位に躍り出ると予測されている。
 一方、タワー/スタンドアロン型はオフィスやSOHOなどの少量多品種の需要も多いことから減少することはないと見られているが、ラックマウント型については2006年前後をピークに、その後は急速にブレードサーバー型に置き換わっていくものと見られている。
 このように、ブレードサーバーが将来に渡って高い伸び率を維持していくと見られている背景には、ブレードサーバーは単なるサーバーの寄せ集めではなく、管理性を強化したブレード・システムや次世代のITインフラとして、サーバーの概念を変える要素(完全自動化や仮想化など)を積極的に取り込んでいることが挙げられる。


図1 国内サーバー市場の形状別予測(出荷台数)
図1 国内サーバー市場の形状別予測(出荷台数)
出典:ガートナー データクエスト(2005年2月)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ブレードサーバー/進化する「ブレードサーバー」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブレードサーバー」関連情報をランダムに表示しています。

ブレードサーバー」関連の特集


単なる“切り替え機”だけだと思っていませんか?今回は工夫次第で広がるKVMスイッチの具体的な“活用シ…



 豊富なセキュリティ機能を提供するUTMアプライアンスだが、多くの機能を一括で提供するからこそ選択す…



ブレードサーバーは、2001年に初めて市場に登場して以来、省スペースに多くのサーバーを設置できること…


「ブレードサーバ」関連の特集


SMB市場にも活発なサーバ統合需要。今後は省電力対応、運用管理ツールの充実などが要点となる「ブレード…



圧倒的な集積度や運用の効率化で注目される「ブレードサーバー」。データセンター用と思われたのは昔の話。…



IDC Japanによると、2007年上半期の出荷台数は前期比38.6%の成長率を記録しているブレー…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブレードサーバー/進化する「ブレードサーバー」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブレードサーバー/進化する「ブレードサーバー」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001059


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ