この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
導入時の苦労とその製品を選んだワケ「Web高速化ツール 掲載日:2005/02/14

Web高速化ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:導入事例
1
Web高速表示の必要性
2
Web高速化ツール実際の機能とは?
1
Web高速化ツールのチェックポイント
2
Web高速化ツールカタログ
1
Web高速化ツール導入事例
 
INDEX


導入事例
導入時の苦労とその製品を選んだワケ
導入事例

 ここでは、Web高速化ツールの導入事例として、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが提供するファンクラブ運営支援ASPサービス「FUNCLUBSITE.NET」での適用例を紹介しよう。 Web高速化ツール

1 

Web高速化ツール導入事例


株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
 1968年、CBS・ソニーレコード株式会社としてスタートして以来、幅広いエンタテイメントの分野にビジネスの可能性を求めて事業を展開してきた。
所在地 :本社・東京都千代田区六番町4番地5
創 業 :1968年3月1日
設 立 :2003年4月1日(新設分割)
資本金 :1億円
事業内容 :株式保有による傘下会社の経営・管理
従業員数 :ソニーミュージックグループ 計1,700名


1-1

サーバー負荷軽減とSSL高速化が課題


 ソニー・ミュージックエンタテインメントでは、アーティストを抱える事務所向けに、ファンクラブ運営を支援する ASPサービス「FUNCLUBSITE.NET」を提供している。これは、事務所がアーティストのファンクラブを運営する際に、公式Webサイトの開設やファンクラブ会員リストの管理といった業務を効率的に行なうことができるサービスだ。なお、本来の「FAN」ではなく、「FUN」という綴りを採用しているのは、“楽しい”という意味を込めてのことだという。
 「FUNCLUBSITE.NET」は、現在、ケミストリーを始め、6アーティストのサイトがある。人気アーティストの公式サイトとなれば、多くのアクセスが集中することは想像に難くないだろう。そこでソニー・ミュージックエンタテインメントでは、アクセスを処理するために、従来はロードバランサーを利用し、複数のWebサーバーに負荷を分散するという方法を取っていた。しかし今後の展開として、同サービスを利用するアーティストの増加を考慮した場合、この従来システムでは投資コストがかさむ一方だ。

  また、「FUNCLUBSITE.NET」では、利用者がWebサイトを通じてファンクラブに登録し、事務所側でもWebブラウザを通して会員リストの管理を行なう。そのため、インターネット上で個人情報をやり取りすることになり、SSLによる暗号化が必須の条件となる。このSSL処理はサーバーに大きな負荷を与えるため、ソニー・ミュージックエンタテインメントでは、SSL処理の高速化を実現するSSLアクセラレータの導入も、サーバー負荷の軽減策と同時に検討していた。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Web高速化ツール/Web高速化ツールの実力」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web高速化ツール」関連情報をランダムに表示しています。

Web高速化ツール」関連の特集


今や1ページが表示されるまで、利用者が待つことができる時間は3秒と言われています。さらに、Webアプ…


「WAN高速化」関連の特集


67億円規模と見込まれる2014年度のWAN高速化製品市場。新規/既存ユーザ双方に対して好調に販売し…



複数の拠点を持つ製造業を中心に拡大している同市場。拠点間での高速化ニーズが高まる中、シェアトップのベ…



2013年度、62億円と見込まれる同市場。マネージドサービスとして提供するケースが今後も進むと考えら…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Web高速化ツール/Web高速化ツールの実力」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Web高速化ツール/Web高速化ツールの実力」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001055


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ