この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「SAN 掲載日:2005/02/10

スグ解る!「低価格SAN」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのはSAN。点在するストレージを統合するSANには、効率的なストレージ利用や運用/管理の手間の削減といったメリットがあるが、その構築には大きなコストが発生するため、従来は大企業向けという印象が強かった。しかし最近では低価格化が進み、中堅/中小企業でも導入しやすくなった。 スグ解る!「低価格SAN」

SAN(Storage Area Network)って?

 SANとは、ファイバーチャネルで構築された高速なストレージ専用のネットワークのことだ。サーバーに直接ストレージを接続するDAS(Direct Attached Storage)では、容量不足のサーバーがある一方で、他のサーバーでは容量が余るという状況になる可能性がある。これに対しSANでは、ストレージを複数のサーバーで共有してそれぞれのサーバーが必要とする容量を割り当てることができ、ストレージ利用の効率化を図ることが可能だ。

SAN(Storage Area Network)って?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SAN/スグ解る!「低価格SAN」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

SAN」関連の製品

集計/分析ツール BizSpread(ビズスプレッド) 【NTTテクノクロス】 先進性と堅牢性が求められる金融業界で見直されるメインフレームの価値 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 DX成功の鍵は、ITインフラの高速化 【伊藤忠テクノソリューションズ株式会社】
データ分析ソリューション メインフレーム ストレージ仮想化
集計業務を簡単にする集計、分析ツール。分かりやすいマニュアルや役に立つサンプルを搭載しており、ドラッグ&ドロップだけの簡単操作で集計作業が可能。 先進性と堅牢性が求められる金融業界で見直されるメインフレームの価値 DX推進の鍵、アプリケーション開発を高速化するインフラ構築術

SAN」関連の特集


スマートフォンやタブレットも導入したいし、BYOD環境も整えたい・・・そこで役立つのがアプリ短期構築…



 前回、ビッグデータ活用における分析上の課題として「データサイエンティスト」という職種について、「デ…



 前回は、重要情報の廃棄についてお話ししましたが、引き続き「企業・組織における最低限の情報セキュリテ…


SAN」関連のセミナー

ITモダナイゼーションで実践!最後のホストレガシーシステム刷新 【システムズ】 注目 

開催日 7月6日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

モダナイゼーション プロバイダ システムズでは、レガシー化した既存システムをモダナイズ(近代化)するための、システム移行最新動向や適用事例などを、お客様の課題や…

『ITサービスマネジメントセミナー』 【野村総合研究所】 締切間近 

開催日 6月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

情報システムの「所有」から、ITサービスの「利用」に移り変わっています。システム運用の役割は情報システムの「維持管理」からITサービスの「提供」に大きく変わる必…

世界中で選ばれるサイバー攻撃対策 FireEye定例セミナー 【マクニカネットワークス】  

開催日 7月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

今や情報セキュリティを考える上で欠かせない『標的型サイバー攻撃対策』。次々と様々な標的型サイバー攻撃によるインシデントが発生しています。世の中には標的型サイバー…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SAN/スグ解る!「低価格SAN」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SAN/スグ解る!「低価格SAN」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001052


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ