この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「SAN 掲載日:2005/02/10

スグ解る!「低価格SAN」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのはSAN。点在するストレージを統合するSANには、効率的なストレージ利用や運用/管理の手間の削減といったメリットがあるが、その構築には大きなコストが発生するため、従来は大企業向けという印象が強かった。しかし最近では低価格化が進み、中堅/中小企業でも導入しやすくなった。 スグ解る!「低価格SAN」

SAN(Storage Area Network)って?

 SANとは、ファイバーチャネルで構築された高速なストレージ専用のネットワークのことだ。サーバーに直接ストレージを接続するDAS(Direct Attached Storage)では、容量不足のサーバーがある一方で、他のサーバーでは容量が余るという状況になる可能性がある。これに対しSANでは、ストレージを複数のサーバーで共有してそれぞれのサーバーが必要とする容量を割り当てることができ、ストレージ利用の効率化を図ることが可能だ。

SAN(Storage Area Network)って?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SAN/スグ解る!「低価格SAN」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

SAN」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
コールセンター/CTI BI BI
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 分析スキル「ゼロ」でも使えるBIツールを本当にスキル「ゼロ」の彼が使ってみた “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

SAN」関連の特集


 前回は具体的により現実的なテスト手法がどうあるべきかを説明した。今回は、そのようなテスト手法を使う…



モバイルアプリの開発で気がかりな費用は大きく3つに分けられます。各領域において専門的な技術者が作業を…



標準化の進展、ミドルウェアの充実などで一部領域では身近になりつつあるRFID。今後の導入検討に役立つ…


SAN」関連のセミナー

e-文書法で変わる帳票運用〜最新事例に学ぶ「帳票電子化」対策〜 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 2月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。本セミナーでは、コスト削減、グローバル化、e-文書法に対応したペーパレスなど帳票に関わる課題と新たな…

『ITサービスマネジメントセミナー』 【野村総合研究所】 注目 

開催日 2月1日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

情報システムの「所有」から、ITサービスの「利用」に移り変わっています。システム運用の役割は情報システムの「維持管理」からITサービスの「提供」に大きく変わる必…

【大阪】現場から始める働き方改革セミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 1月31日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」、ビジネスチャット「ChatLuck(チャットラッ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SAN/スグ解る!「低価格SAN」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SAN/スグ解る!「低価格SAN」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001052


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ